手術後3週間、今日のまろさん。

マロの手術から三週間が経ちました。

先週までつけていたドーナツ枕も外れて、(写真は外す前)
1102-1.jpg

すっかりくつろぎモードに!
1102-2.jpg

しかし、10月中旬にロサンゼルスから届いた引っ越し荷物の山(段ボール箱)が、まだまだ片付かず。。。
マロの周りを段ボールがバリケードのごとく占領しています。今はマロが歩き回れないからいいけど、早く片付けないとね。。。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

今日のマロさん、抜糸前日。

マロさんの手術後の経過ですが、割と順調です。
10-1.jpg

傷口もふさがりつつあり、明日は抜糸予定です。
10-2.jpg
この青い糸がなくなります。

早く良くなるといいね。
10-3.jpg
抜糸後はゆっくりとリハビリに励んで行きます!

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村



Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

今日のマロさんの様子♪手術後一週間

マロの手術後、一週間が経ちました。1018-1.jpg

ドーナツ枕にも慣れ、調子が少しずつに良くなってきました、
1018-2.jpg

また、こんな風にいっぱい走れたらいいね!
1018-3.jpg


黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

膝蓋骨内方脱臼 その2(Patellar luxation 2)

昨日の続きで、手術の経過報告です。
(You can see Maro's surgery after Doctors suspended his leg.)
1013-3.jpg

マロは足を吊られた後、足だけ残してシートに覆われてしまいました。
(They suspended Maro's leg and covered all his body except right leg.)
1014-2.jpg

ドクターが執刀し始めました。膝蓋骨が元の位置できちんと収まるように、浅く変形してしまった部分の骨を削っています。歯医者さんが歯を削る時のような音が聞こえて来て、ちょっと緊張しました。
If the attachment of the patellar ligament to the tibia, called the tibial crest, is in the wrong position, it is repositioned. This is done by creating a cut in the tibial crest and reattaching the bone in a position so that the patella is realigned within the trochlear groove. Doctor use special drills for surgery. Sounds scary...)
1014-3.jpg

それもそのはず、、、(For sure...)
こんな風に外に落っこちてしまった膝蓋骨を、(Patellar ligament is in the wrong position now.)
patella6.jpeg
(Photo from "http://www.vetsurgerycentral.com/patella.htm". )

元通りにするためには、この 真ん中の青い部分の骨を削るのですから!
Additional bone is removed from the raw bone bed and the cartilage/bone plate is replaced creating a deep groove for the patella to ride in.
patella8.jpeg
(Photo from "http://www.vetsurgerycentral.com/patella.htm". )

うわー。しまいには金槌みたいな道具を持ち出して来て、トッカン工事を始めた〜(;_;)
縫合後、ようやくマロは人工呼吸器から外されました。ドクターからVサイン!手術は大成功です!
(This surgery made a lot of noise and sounds terrible....Maro, cheer up!!!
Finally, Doctor finished to saw Maro's surgery spots and he left from all the machine! Doctor showed us V sign:) )
1014-4.jpg

オランダの獣医のすごいところは、手術を隣室で見れるだけでなく、さらに、ドクター自らがお茶まで出してくれちゃうんです。犬も家族の一員だから、家族の心理面までケアが進んでいて、すごいですね!
(Dutch Vet system is really interesting. Doctor made teas for us! Doctors know the dog is a family member, they also tried to reduce owner's stress.)
1014-5.jpg
マロは全身麻酔が取れて来て、ボケてます。(Maro woke up but he was still confused.)

手術後は麻酔が効いていて、しばらくボケて、きゅんきゅん泣いていましたが、家に帰ったら落ち着き始めました♪
(Maro looks still sleepy and we went back to our apartment.)
1014-6.jpg

マロ、手術が終わってホッとしたね。次回以降のブログでは、たまにマロの足の状況報告をしていきますね!
(I hope he will be better soon!))

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

膝蓋骨内方脱臼 その1(Patellar luxation)

前回の記事で軽くお伝えしましたが、マロは金曜日に大手術を受けてきました!
(Maro has a patella dislocation on his right knee. He had a big operation on Friday at Amsterdam Vet.)

さかのぼること半年前ー。ロサンゼルスにいた頃のことです。
これまでの記事で、マロがいかにペットホテルが好きかをお伝えして参りました。理由はもちろん、他の犬と一日中遊び回れるからなんですが、マロは5月のペットホテル滞在中に、友人と遊び回り、調子に乗って高いところからジャンプし、落ちて、後ろ右足を脱臼してしまったのです(涙)。
(Pet hotel is Maro's favorite place because he can play with his friends all the day. When he stayed at pet hotel in LA, he was very excited, jumped from high chair and dropped on the floor. After that, he got a patella luxation on his right knee.)

その後、症状は悪化する一方。グルコサミンなどのサプリメントを与えたのですが、外れやすいという素因もあり、一度外れてしまったものは治りませんでした。ついに4段階のグレード3まで悪化し、手術を余儀なくされました(涙)。
(I gave him glucosamine supplements but his knee was getting worse. His knee worse level was 3 of 4th grade. Finally, we decided to take him Vet for surgery.)

膝蓋骨内方脱臼とは、写真の感じです。(This is a patella luxation.)
写真は、すくすくアニコムのホームページより拝借しています。
040213_2.jpeg
膝蓋骨脱臼とは、ワンちゃんの後肢にある膝蓋骨(膝にあるお皿のような骨)が正常な位置から内側、または外側に外れてしまう状態をいいます。小型犬では、膝蓋骨の内側への脱臼(内方脱臼)が多くみられます。
(Luxating patella is a condition in which the patella, or kneecap, dislocates or moves out of its normal location. Patellar luxation is a common condition in dogs, particularly small and miniature breeds. )

オランダは獣医学では先進国。手術もかなり上手という噂は聞いたのですが、それでも、引っ越して来たばかりのオランダでの手術、かなり心配でした(汗)。マロ母は先日の日本帰国で、ユトレヒト大学に留学経験のある獣医さんの友人にも相談し、状況を確認。まあ、そんなに難しい手術ではないから、100%とはいい切れないけれども、たぶん大丈夫だろうと言われ、とりあえず手術に踏み切ることにしました。
(The Netherlands is high level for Vet surgery. However Maro's mother was still worrying about his surgery and she asked her Vet doctor friend in Japan. He answered it it not difficult surgery. Thus, we decide to let Maro take a surgery in Amsterdam!)

さて、ここがマロが手術を受けたアムステルダムの手術専門動物病院です。
(This is the Vet for surgery in Amsterdam.)
1013-1.jpg
外観もオシャレで、待合室も広かったです。

この動物病院のすごいところは、手術を隣の部屋で見学できること!
(We were surprised that the Vet showed us all the surgery at next door on time!)
1013-2.jpg

なので、手術シーンも本邦ブログ初公開します!(I can show you Maro's surgery.)
まず、マロは全身麻酔をかけられたあと、人工呼吸器を取り付けられました。
(This surgery was performed under general anesthesia and Maro was on a mechanical ventilator.)
1013-3.jpg

そして、行われたのが、足の毛刈り(涙)。(They shaved Maro's leg hairs.)
1013-4.jpg

さらにマロは手術室へ移動し、足をワイアーで吊るされました。
(They suspended Maro's right leg on wires.)
1013-5.jpg

さあ、手術開始です!(They started the surgery!)

マロ、どうなっちゃうの?大丈夫なの? (Is he OK? I just worry about him...)
1013-6.jpg

次回に続きます。(To be continued...)

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ