Maro's passport (マロの旅行用パスポート)♪

さて、今日もまろさんはちょっとグレ気味ですが、今日はマロの持ち物をちょっとご紹介♪
Maro looks "not good temper" tonight, but I would like to show you his special good today!
1201-1.jpg

陸続きのEU諸国、国々ではペットの出入りもやはり多いわけで。
そんなわけで、オランダに移ってきた際に、マロはなんと専用パスポートをもらいました。
You know, Each of EU countries are bordered on the other country in the Eurasian Continent.
That is the reason why they have own pet control systems and they issue a pet passport.
1201-2.jpg

マロ父も母もEUのパスポートは持っていないのに、マロだけがEUで市民権を得ていますね(笑)。
ちなみに中身はこんな感じです。
Interestingly, Maro's father and mother don't have any EU passport, of course! Only Maro has it!
You can see the inside of Maro's passport.
1201-3.jpg

マロの写真と共に、誕生日や性別、犬種が書かれています。
そして、かかりつけの獣医さんから、マロの健康チェックと予防接種に関する情報を書いてもらっています。
There are Maro's birthday, sex and breed plus his photo. Also he gets the checking of his condition and information of his shot.

これがあると、EUの多くの国へ旅行に行けるよ、マロ。
Maro, you can visit anywhere in EU country with us:)
1201-4.jpg

家族いつでも一緒がいいもんね。良かったね、マロ。
I know, you love to go with us, Maro! Great!

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

犬連れ海外旅行:日本→アメリカ編 その2

☆航空会社選び

最近はペットフレンドリーな社会になってきたとはいうものの、やはり動物は動物。人間とは違います。飛行機に乗せるのにも、どこまでが許されているのかをちゃんと確認しなくてはならないのです。われわれの条件は「マロを機内の座席の下に持ち込める」ということでした。特に生後4ヶ月の子犬でしたし、やはりこの点は譲れませんでした。

1125-1.jpg


東京・ロサンゼルス間で直行便を運行している航空会社はいくつかあります。
・ユナイテッド航空
・アメリカン航空
・デルタ航空
・全日空
・日本航空
・シンガポール航空
他にもありますが、多くの方になじみがあるのはこのあたりではないでしょうか。上三つはアメリカ系、その下二つは言わずもがな日系、最後がわりかしサービスが好評なアジア系航空会社です。アメリカ系は如何せん食事はまずいし、サービスは悪いしであまり好ましくないんですが、実はマイルが貯まりやすいというメリットがあったりします。

さて、このようにいくつもある選択肢。しかし、犬を機内に持ち込めるという条件を満たすところはというと・・・!それはどれもアメリカ系。ユナイテッド、アメリカンとデルタ航空。(ペット規定のページはこちら→ユナイテッドアメリカンデルタ全日空日本航空シンガポール

どの航空会社もペットは輸送可能なのですが、詳しくみると日系・アジア系の3社は貨物室のみとなっています。サービスは確かに優れているアジア系航空会社ですが、犬連れ旅にはそれほど優しくないようです。いずれにせよ、ひとつでも大丈夫なところがあれば万々歳。ということでユナイテッドの直行便を犬一匹連れで手配しました。(結局この便は欠航になったため、乗り継ぎになったんですけどね)通常だとオンラインで予約するのが手っ取り早くて一番便利なんですが、犬連れの場合は機内持ち込みの数が限られているらしく、電話で確認してからの予約となります(2009年当時の話)。ちなみにマロの分の代金は2万円程度でした。

機内持ち込みの場合はキャリーバッグのサイズやらにも規定があります。規定にそった商品も売り出されており、その代表格が「シェルパ」ではないでしょうか。マロが最初に入っていたのはこのサイズ

1125-2.jpg


でも今は大きくなったからラージサイズですけどね。当ブログで時々お目にかけてます。

1125-3.jpg


☆アメリカ入国

結論から言うと、これはほとんど問題なし。つまり日本の出国条件(狂犬病等のチェック)さえ満たせば、あっさり入国できました。(ただし、これは日本で狂犬病が発生していないという事実によるものであるため、その他の国から入る場合はこの限りではなさそうです。さらにこれは州によっても違うみたいです。カリフォルニア州でそうだからといって、他の州でもそうとは限らないらしいのでご注意下さい。)

ただ、いろいろ調べている段階では、本当に大丈夫かそれはそれは不安でした。というのも万が一確認ミスでもあれば、そのせいでマロが入国できなくなってしまうわけですから。簡単なのに越したことはないですが、あまりに簡単すぎると逆に疑わしくなってしまうもので。。

そこでUS Department of Agriculture(日本でいうところの農林水産省)のホームページやら読んで、さらにはメールで質問をしたり、いろいろしてみましたが・・やはり大丈夫そう。当日はドキドキでした。何しろ手にしている書類は成田空港でもらった輸出検疫証明書一枚のみ。「こんなんで本当にいいのかーーー」と心中穏やかではなかったです。

で、実際サンフランシスコ空港に着いて、税関で「申告あり」のレーンに並ぶんですが。。なんとまあ未チェックですよ。書類見ないし。。マロ見て興奮してるし。空港職員仕事しないね。あ、でもマロ用のエサは没収されました(たぶん肉類が持ち込み禁止だったから?)。ただ、職員はゴミ箱に捨てる前にちゃっかり袋から出して、マロに食べさせてましたけどね。「犬欲しい〜」とかぬかしながら。「なんだかなあ、アメリカって自由だよなあ」と再認識した瞬間でした。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

犬連れ海外旅行:日本→アメリカ編 その1

犬を連れての旅行。楽しいですけど、いろいろ準備に気を使いますよね。これがさらに海外に連れて行きたいとなったら。。。諸々の準備に加えて、最も重要となるのがやはり出入国関連の書類でしょう。何せこれをしくじると、入国させてもらえない事もありますから

図らずも海外犬連れ旅のエキスパートとなってしまったマロ一家。自分たちの備忘録もかねて、必要だった手続き等を一度まとめておこうと思いました。不幸にも同じような境遇の方がいらっしゃったら、グーグルとかからたどり着いた時に有用な情報があればとも思いますし(ただその際は自己責任でお願いいたします・・・)。

第一弾は日本出国、アメリカ入国編。すでに3年以上前の話なので記憶もかなり曖昧でしたが、過去のメール等を頼りにできるだけ再現したつもりです。

1124-1.jpg

というわけで、当時こんなに小さかったマロのために、どんな準備をしたのか公開!


☆日本出国手続き

基本的に必要な情報は全て成田空港動物検疫所のホームページにまとめられています。

狂犬病とレプトスピラ症の検査を受けて、輸出検疫証明書の交付を受けなければなりません。狂犬病やワクチンに関しては、この時点で国内で犬を飼っていらっしゃる方であれば、問題なくできるのでしょうが、われわれのようにすでに海外に住んでいて、子犬を日本から引き取ろうと考えている場合はだれかに協力を頼まなければなりません。さいわいマロの出身犬舎である大江戸小町さんが、親切にも協力をして下さったおかげでこの辺の問題は解決できました。

予防接種のスケジュールですが、以下のような感じで進めました。
2009年5月27日 マロ誕生
2009年7月27日 生後2ヶ月、一回目8種ワクチン注射
2009年8月22日 二回目8種ワクチン注射
2009年9月11日 (ワクチン注射から3週間後) 狂犬病予防接種
2009年10月6日 アメリカ、ロサンゼルスへ
2度の8種ワクチン注射と、狂犬病予防接種は大江戸小町さんにお願いしました。これらの注射は、実は出国の必要条件ではありませんが、当然やっておくのが望ましいため、済ませました。各注射のあと間隔を空けなければならないため、必然的に連れて行けるのは生後4ヶ月以降になると思います。これより早く進めることも書類手続き上は可能かもしれません(ただしどの国に行くかによる)が、健康状態を重視すると若干リスクが高いと思います。

こういう注射を終えておいて、出国当日に動物検疫所(過去の記事参照)で健康チェックを受けます。これにパスすれば晴れて輸出検疫証明書がもらえ、出国許可が下りるのです!

1124-2.jpg

ただしこの先に待ち受けているのは、長い長いフライトですが。。。

次回は航空会社選びとアメリカ入国についてです。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ