犬との絆、科学的に解明!

以前からこのブログで何度も取り上げている”犬の研究グループ”、麻布大学の菊水研究室から素晴らしい研究報告が出ました!それは以下の論文です。

17日付の米科学誌サイエンスに発表されています。
Nagasawa et al., 348 (6232): 333-336
”Oxytocin-gaze positive loop and the coevolution of human-dog bonds”
http://www.sciencemag.org/content/348/6232/333.full

内容は、、、というと、
先日のブログでもお話した、「オキシトシン」。

ついに詳しいメカニズムの解明にメスが入りましたよ〜!

母乳の分泌などを促すオキシトシンは、相手を信頼したくなる心理的な効果があると考えられており「愛情ホルモン」とも呼ばれています。マロからもマロ妹からも出ている?
Page_1_20150418180456d87.jpg

この研究では、チームは30組の犬と飼い主を30分間部屋で遊ばせ、尿に含まれるオキシトシンの濃度変化を調べたそうなのです。その結果、なんと!長時間見つめ合ったペアはオキシトシン値がともに上がることが分かりました。特に飼い主は約3倍に急増するとのこと。つまり犬と触れ合うと、飼い主はリラックスでき、不安等が減るそうなのです!
Page_2_20150418180457b29.jpg

ところがその一方で、話したり触ったりを飼い主に禁じた実験では、犬のオキシトシン値は上がらなかったとのこと。

つまーり、ヒトでは犬の「まなざし」、犬では飼い主との「触れ合い」が親近感を高めるのに重要であることが分かったわけです。ということは、この幸せホルモンを増幅させるには、両方をすればいいんですね!

ちなみに、同様の実験をヒトに慣れたシンリンオオカミと飼い主11組で行ったところ、オオカミはじゃれついても視線を合わせず、それぞれのオキシトシン値は変わらなかったそうなのです。オオカミはアイコンタクトが取れないとされている動物です。つまりは犬特有の現象なのです!この現象はマウスやヒトの母子間で起こることは既に知られていたのですが、異種間では初とのこと。

Page_3_20150418180459406.jpg

素晴らしい!やっぱりワンコは人を癒して、免疫を高め、心を育む能力があるんですね。
だから、マロ妹のベビーシッターもしてくれているのかな?

マロ、毎日いっぱい幸せホルモンを出そう!!!

今後も犬の研究が進みますように♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

犬ラボ!実験協力犬、大募集♪

マロ母の後輩が共同研究している麻布大学の菊水研究室では、現在、実験協力犬を大募集しているそうです!!!

情報は以下の通りです♪
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
はじめまして!
私たちは「イヌのココロ」を知るための実験に協力していただける飼い主さん&ワンちゃんを募集しています。
犬は身近な動物ですが、実は科学的にまだわかっていないことがたくさんあるということをご存知ですか?
麻布大学伴侶動物学"犬ラボ!"では、みなさんのワンちゃんが、日頃何を考え、感じているか、そして飼い主であるみなさんのことをどう思っているか等、「イヌのココロ」について日々研究を重ねています。
ゲーム感覚で参加できる実験です。ワンちゃんに過度な負担をかけるようなことはありません。
実験に協力していただける方は下記の要領でご登録をお願いいたします。
<登録方法>
① inulab@carazabu.com に、お名前、ご住所、ワンちゃんのお名前、犬種、年齢、性別をメールしてください。
② 担当者から折り返しメールさせていただきます。その際、募集している実験内容について簡単にご説明させていただきます。
③ 参加可能な実験がございましたら、その旨お知らせください。詳細な内容や実験日時について改めてご相談させていただきます。
実験によっては、準備に大変時間がかかる場合や条件に合わないこともございますので、ご了承ください。土日でも参加可能です。実験場所は麻布大学(相模原市)になります。(実験に参加していただいた方には景品をご用意しております。)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
このFBページでは,実験に参加していただいたワンちゃんを紹介をしていきたいと思います!(FBの掲載に同意していただいた方のみ,掲載させていただきます)
また,研究室の先生と学生と一緒に出勤しているワンちゃんも紹介していきたいと思います。

関東地方の方限定とはなってしまいますが、ぜひ興味がある方がいらっしゃったら、登録してみたらいかがでしょうか?

マロも海外じゃなかったら、参加したかったね。。。
Page_1_20150202221617ecd.jpg

「オヤツ、くれるなら参加してもいいよ。」
Page_2_2015020222161993e.jpg

マロの基準はそこだよね。。。

犬の研究を進めて行くためにも、ぜひぜひご協力をお願い致します!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

イヌの心を読む研究♪

仕事始めで少々疲れ気味のマロ母ですが、今日も前回に引き続いて、「イヌの研究」のご紹介。

前回ワンコの里親募集の記事でご紹介した、動物行動学の研究室ですが、このラボの菊水先生の本が非常に面白いので、本日ご紹介♡

黒柴オーナーさん達の共通の疑問はココではないでしょうか?
『今、うちの子は一体何を考えてるのだろう?』

でも、ワンコだっていつも飼い主を見ているんです。きっとワンコ側にも疑問があって、
『お父さん・お母さんは何を考えているのだろう?』と思っているんですよね。

そこで、以下の本。
「犬のココロをよむ
伴侶動物学からわかること」 (岩波科学ライブラリー)
Page_1_20150106233836b61.jpg
菊水 健史・永澤 美保 岩波書店 1200円税別2012年11月

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたの愛犬への接し方は間違っていませんか。犬は言葉を交わせなくても、あなたの意図を全力で知ろうとしています。驚くべき犬のコミュニケーション能力の研究は始まったばかりですが、人間の認知研究にも大きな影響を与えています。簡単な観察実験とともに、その最先端の成果をわかりやすく紹介。

【目次】
1 犬との生活を始める(古代人も犬を飼っていた犬との生活をスタートさせるまえに ほか)
2 犬の感覚を通した世界(驚異の犬の嗅覚犬はなんの匂いを嗅ぎ分けているのか ほか)
3 犬の驚くべきコミュニケーション能力(クンクンとキャンキャンの区別音の大きさと体の大きさ ほか)
4 犬の「ココロ」の起源を探る(犬はいつから犬だったのかオオカミに近い柴犬 ほか)
5 犬と人を絆ぐ(「収斂進化仮説」人も家畜化した ほか)

「犬は言葉を交わせなくても、あなたの意図を全力で知ろうとしています・・・(本文より)」


この本は130ページ程度の割と薄く読みやすい本なのですが、イヌの気持ちを理解する上で非常に面白い情報が書かれていました。

また、コラムに載っている家庭でもできる実験が本当に面白い!

その一つが、犬の"利き手"実験♡
鼻筋にテープを貼るとどっちで取るか・・・
コングにおやつを入れて最初にどっちの前肢でおさえて食べ始めたか・・・

それによって愛犬の利き手が分かるそうです。本書によると、メスは右前肢、オスは左前肢が多いとか。

イヌについての最近までの研究がかなり読みやすく書かれており、黒柴オーナー様達の心をくすぐるような内容でした!

マロ母も、マロの気持ちが知りたいな。。。
Page_1_201501062336552f5.jpg
でも絶対、ろくなこと考えてないんだろうな。。。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

犬がくれる幸せホルモン〜オキシトシン♪

新年早々、ちょっと真面目にイヌの研究のお話♡

ここ近年、人間の母子関係の研究も進んできました。その中で非常に面白いホルモンがあります。別名「幸せホルモン」と呼ばれている「オキシトシン」というホルモンです。

オキシトシンは脳の視床下部で作られ下垂体から放出されるホルモンで、女性の出産・子育てに関与するホルモンとして発見されたものです。女性が出産が、胎盤が体外に排出されると、母乳が出るようになるわけですが、その母乳を赤ちゃんに与えている際に、絆形成を補助するように出てくるホルモンで、オキシトシンがお母さんと赤ちゃんの絆・信頼関係の形成に寄与しています。マロ母の研究分野の自閉症においても、このホルモンは大変注目を浴びています。

このオキシトシンは面白いことに、良好な対人関係が築かれているときに分泌され、闘争欲や恐怖心を減少させる、幸せホルモンだったりします(^^)

そこで麻布大学のグループが、イヌと飼い主の関係とオキシトシン濃度の関与を調べたところ、以下のように面白い結果が!
Page_1_20150104073136048.jpg

実験では、55人の飼い主に1人30分間ずつ飼い犬とふれあってもらい、実験前後の飼い主の尿に含まれるオキシトシンの濃度を測定したそうです。すると「飼い犬との関係」が「良好」と判断されていた13人のオキシトシン濃度が、大きく上昇しました!!!
 一方で、オキシトシン濃度の上昇が見られなかった42人はいずれも飼い犬との関係が良好ではなかったそうなんです(^^;)

そこで次に、この42人の中から無作為に12人を選び、1カ月間、犬とのアイコンタクトを毎日10回してもらったところ、この12人中8人に、オキシトシン濃度の上昇が見られるようになったのです!そしてさらに、人でオキシトシン濃度が上昇している時、犬にもオキシトシン濃度の上昇が見られることもわかったのです。
 

つまり、、、。

飼い犬と関係良好で、よくアイコンタクトを取る
→オキシトシン濃度が上がり、飼い主が幸せホルモンをたくさん受け取る
→飼い犬も幸せホルモンをたくさん受け取る
→飼い主のストレス軽減につながり、ストレスから引き起こされる病気にかかりにくくなる!

という素晴らしい正のフィードバッグを受け取っているということが科学的に証明されてきました!!!

ようするに、皆様が飼い犬と良好な関係を築くことは、いずれ自分の身にも還ってくる!というわけなのです(^^)

マロ母、今までいっぱい「しつけ」の話を通して、いかに愛犬といい関係を築いていくということを考えて参りましたが、やっぱり良好な飼い犬との関係は両者に素晴らしい効用をもたらしてくれるのですね♡

マロと今日もアイコンタクト♡
Page_2_20150104073137483.jpg
オキシトシン、いっぱい出ないかな?

幸せホルモンを毎日お互いにいっぱい分泌したいねぇ、マロさん♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

手作りゴハンのススメ♪

先日、こまっちゃんママより聞かれた、ワンコの手作りゴハン♪

我が家のマロさんは、ドッグフードの保存料アレルギー持ちのため、手作りフードがメインです。ドッグフードはアレルギー犬用のものを旅行中だけあげることにしています。

ただ、アレルギーの有無に関わらず、ワンコに手作りフードをあげることには利点が多々あるとも思っています。
というのも、手作りフード(特に生肉をあげると)にすると、マロの毛艶がかなり違うんです!
Page_2_201412292256571cc.jpg
ドッグフードをあげていると、背中に太い固い毛が生えてくるのですが、生肉だと柔らかいフワフワの毛で、皮膚もツヤツヤ。目ヤニもなくなり、口臭・体臭も激減するんです。。。

マロ家の基本手作りフードは過去にもご紹介しましたが、今回も再度、少しご紹介♡
ちなみに我が家は「Hi, Marco」さんのブログ記事も結構参考にしております。マルコくんご両親は獣医さん夫婦で、やっぱりマルコくんにアレルギーがあったため、手作りゴハンにされているとか。

手作りゴハン、、、きっと皆さんのイメージでは、「難しそう」「栄養計算が大変そう」「面倒くさい」というものが多々あると思います。マロ母もそう思ってました(^^;) でも、始めて見ると、意外に簡単でした。

マロ母がメインで参考にした本は以下です。
Page_3_2014122922570191a.jpg
また、参考にしているサイトは以下の通りです。
http://www.dog-health-jp.com/raw-diet-for-dogs.html

我が家が実践しているのはBARF dietと呼ばれる類いの手作り食です。
過去記事にも書きましたが、以下の感じであげています。

<BARFダイエットとは?(Dr. Ian Billinghurst THE BARF DIET 抜粋)>
犬本来の食事方法を参考にした、生食を与えるフード方法。
オーストラリアで多く実践されており、犬の寿命が18~20歳と長くなるそうです。

-BARFダイエットの内容と比率
骨付き生肉:60%、果物・野菜:15%-20%、内臓:10%-15%、その他(サプリメントを含む)5%-10%となっています。

-BARFダイエットの食事量
犬に与える食事量は体重で判断するのではなく体面積に比例します。小さい犬は体重の8%の食事量を必要とするのに対し、大きい犬は体重の1.5%の食事量で足りてしまいます。小型犬ほど体面積に対する体重が大きいからだそうですが、あくまで目安で、個体差に応じて調節が必要です。

上記の本村先生の本に書かれている栄養素とだいたい一致しています。
Page_1_20141229230329bfd.jpg

体重8kgのマロの場合は1日2食で一食あたりの例では、
骨付き生肉:50g
野菜類:15g程度
油:2-3滴程度
サプリメント:BARF diet用(主にビタミンC)
あげております。

内容的には生の骨付き鶏肉、火を通したジャガイモ・人参・カボチャ、オリーブオイルにサプリメントを加えて、ちょっとお水を足すだけです。

準備的には2週間分の生肉(鶏肉、牛肉、内蔵肉、馬肉など)を一度にスーパーなどで格安で購入し、200 gずつジップロックに小分けして、すぐに使わない分は冷凍保存して、必要な時に解凍しています。野菜はそのとき家で余っているものをテキトーに蒸して、潰してペーストっぽくして、小分けで冷凍保存。必要な時に解凍してます。油は本当は亜麻仁油とかがいいそうなんですけど、こっちではあまり手に入らないので、メインでオリーブオイル、気が向いたらごま油という形であげています。

とダラダラと書きましたが、量以外の部分ではかなりテキトーです。白いゴハンをあげたり、肉が足りなくなると乾燥納豆や煮干しをあげたり、果物は自分が食べて余った部分の柿をあげたり、、、人間みたいな食べ方をさせています。でも、その方が毛がツヤツヤ、体臭が少ない。。。我が家に遊びに来るゲストにも「犬の匂いがしないね」とビックリされます(^^)

最初はドッグフードにトッピングでもいいので、ぜひぜひ一度試してみてください〜♡ 毛艶が変わります♪

さてさて、昨日のユトレヒト。
Page_1_20141229225657509.jpg
雪が降った後の晴れ間は良いですね♡

マロも雪の上を散歩できてご機嫌♪
Page_1_201412292302589b7.jpg
来年も、マロには健康な食事と散歩を心がけて行きたいなぁと改めて思う今日この頃です。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ