ポルトガル旅行記最終回〜美味しかった料理達♪

今日はようやくポルトガル旅行記最終回です♡
最後は美味しいものたちの紹介です♪

まず、地元の人が良く行くリスボンのレストラン、Bonjardim。
Page_1_20160319201049bcc.jpg

冬ですが、外にヒーターもあるのでテラス席へ。
Page_2_2016031920105004e.jpg

ここで最初につまんだのは、バカリャウという干しタラのコロッケ。
Page_3_20160319201051e01.jpg
日本人には合う口当たりです。

そしてポルトガルといえば、ソッパ(スープ)。こちらのシンプルなチキンスープもおいしい!
Page_4_2016031920105337a.jpg

メインにいただいたのは炭焼きチキン。シンプルなのに美味しい。それがポルトガル料理ですね。
Page_5_20160319201055b7e.jpg

マロ、食べられないのに付き合わせてゴメンね(^^;)
Page_6_2016031920111189b.jpg

で、その他、試したポルトガル料理は以下(^^)
Page_7_2016031920111229e.jpg
左上から順番にご紹介すると、
ソッパ・デ・マリスコス:魚介のスープ。ダシが濃厚で美味しいです。
ケイジョ:アレンテージョ地方、ニザ村のフレッシュチーズ。クセがなくて美味しいです。
ポルヴォ・アサード:タコのグリル。ボリュームあります。
ペスカーダ:白身魚の揚げ物。フワフワです。
ワイン:さらっと飲みやすいものが多いです。
カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテージャーナ:アサリの出汁を豚肉とポテトにかけたもの。驚くほど美味しい!
アロース:ポルトガルのリゾット雑炊系のお米の食べもの。これは日本人は大好きな味。
エッグタルト:以前もご紹介したスイーツ。これは食べ逃すわけにはいきません(笑)
ポラ・デ・ベルリン:卵黄のクリームを挟んだ揚げドーナツ。菓子パン好きな人にはたまらない一品。

と、美味しい食事に舌鼓の連続でした(^^)

ポルトガル(犬連れ)旅行を考えている方には、重要な食べ物情報です(>_<)
マロも現地では、塩気の薄いチーズは一口二口食べてました(^^)

旅行中のマロ妹の成長っぷりはというと、
Page_8_20160319201114b34.jpg
この時は生後9ヶ月でした。赤ちゃんも9ヶ月にもなると、こんな感じでOn/Offの区別がハッキリ付き、身体も徐々に丈夫になり、一緒に楽しめるようになってきました。

2015年の犬連れ、子連れ旅はこんな感じで幕を閉じたのでした(^^)
長々とお付き合いいただき、どうもありがとうございました!今まで数々の旅行をして来たマロ一家ですが、ブログの情報が皆様のご旅行の参考になったら幸いです♪

本日のおまけ:
最近のマロ一家ですが、歯が生えて来て、なんでもかんでも口に入れるマロ妹を見守るマロ。
Page_9_20160319201115610.jpg

そして居眠り。
Page_10_20160319201117ed4.jpg

2016年は少しは落ち着いた生活をしたいものですね(^^;)

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ポルトガル記、ペナ宮殿。

もう誰もが忘れている、我が家のポルトガル旅行記ですが、マロ母は覚え書きにしつこく、ここに書かせて頂きますね。
前回の旅行記事でご紹介した、ロカ岬。その次の日に実は、ポルトガル・シントラにあるペナ宮殿(Palácio Nacional da Pena)という神秘の場所を訪れていたのでした。

こちらがペナ宮殿入り口。
Page_1_2016031906385088c.jpg
マロは入り口前までは遊びに来ましたが、中は犬禁止のため、この後はお留守番でした(^^;)

この宮殿、不思議な建築として世界的に有名だったりします。
Page_2_20160319063852b4b.jpg

というのものこの建築、イスラム、ゴシック、ルネッサンスそしてマヌエル様式の集合体なんですね。だからごっちゃごっちゃ。。。
Page_3_20160319063853f5a.jpg
19世紀の建物だというのに、外壁にはアズレージョの青、そして壁を彩るのは赤茶、パステルイエローなど、ド派手な雰囲気でまるでどこかのテーマパークのお城みたいです。

現在、世界遺産となっているペナ宮殿は、1836年に当時の国王であったフェルナンド2世により建てられました。
このペナ宮殿を建てたフェルナンド2世は、実はドイツのノイシュヴァンシュタイン城を建てたルードヴィッヒ2世のいとこさんだそうで、、、。
Page_4_20160319063854e5b.jpg

あの狂気で有名なルードヴィッヒ2世のいとこ、、、と思うと、この謎建築も納得が行くものだったり (^^;)
Page_5_20160319063856956.jpg

でもこのお城自体は標高500m以上の山の頂上に建てられているため、景色は抜群!
Page_6_20160319063914545.jpg

なんという絶景!
Page_7_2016031906391698b.jpg

しかし、この絶景を見逃して父の背中で寝てしまったのがマロ妹でした(^^;)
Page_8_2016031906391741b.jpg

マロは残念ながら宮殿散歩できなかったので、後で海岸散歩を少し。
Page_9_201603190639190d2.jpg
こっちはこっちで絶景だったよね。ポルトガル旅行記もあと一回、しばしお付き合いください(>_<)

本日のおまけ:

「おかーさん、あそぼー!」と寄って来る2人組。
Page_10_20160319063920a17.jpg
二人に徒党を組まれると、母は逃げられません。。。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ここに地終わり海始まる

ユーラシア大陸最西端のロカ岬。
Page_1_201602212302086b3.jpg

ロカ岬のシンボルはこちら。
Page_2_20160221230208e70.jpg

ここにある石碑には、
Page_2_20160221230252fbd.jpg
ポルトガルの詩人であったカモンイスの叙事詩『ウズ・ルジアダス』の一節「ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar começa)」が刻まれています。昔のヨーロッパ人は地球は平面状で、海の向こう側は滝のように海が流れ落ちると想像してたそうです。それでこの碑文なのです。

ちなみに宮本輝氏の小説、「ここに地終わり海始まる」はこの場所が話の鍵となっています。
Page_3_20160221230254e33.jpg

マロさん、別の石碑の前でもポーズ♡
Page_4_20160221230255842.jpg

ちなみにこのロカ岬では、観光案内所でユーラシア大陸最西端到達証明書を購入することが可能です。
Page_5_20160221230257d80.jpg

中身はこんな感じです(^^)
Page_3_20160221230210d49.jpg

我が家は代表で、マロに作成してもらいました(笑)。
Page_4_201602212302129dd.jpg
マロ、ユーラシア大陸最西端を訪れた黒柴になりましたね(^^)

しかしまあ、この岬の風の強いこと。
Page_1_20160221230258ae4.jpg
マロの目の細め具合で分かってもらえるでしょうか。

日が傾いて来たので、お土産を買いに行きますか。
Page_5_201602212302136d4.jpg

お土産屋さんの前で二人、記念撮影です♪
Page_1_201602212324505bb.jpg

風が強くて、マロ妹の髪の毛もボサボサ。
Page_6_20160221232404179.jpg

二人とも風でイヤそう。。。
Page_7_201602212324074ef.jpg

早く移動しようよ〜、というマロの顔。
Page_8_20160221232408e82.jpg
そうだね。風、強過ぎるもんね(>_<)

でも、この風の音、先人達も聞いてたのかな。何を思って聞いてたのかな。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

マロ、ユーラシア大陸最西端へ。

ようやくリスボン旅行記を再開です。

さて、前回まではリスボンの下町歩きを楽しんでいたマロ一家ですが、リスボン滞在中にレンタカーを借りて、ユーラシア大陸最西端へ行って参りました!

それは、北緯38度47分、西経9度30分にあるロカ岬です。
Page_1_2016022005140024d.jpg

西に広がるのは大西洋。
Page_2_20160220051402a33.jpg

しかしまあ、風がものすごく強い!!!マロも風のせいで、目を大きくは開けられず。
Page_3_20160220051403182.jpg

実はマロ一家が訪れた次の日、観光客がこの岬から転落し、大変なことになったそうです。
Page_4_20160220051405f23.jpg
恐るべし、強風。。。

岩を割らんばかりの波ですね。
Page_5_20160220051406455.jpg

一緒に訪れたマロとマロ妹、両者とも強風で不機嫌に(^^;)
Page_6_20160220051425eda.jpg
この後、ダッシュで観光する羽目になりました。。。

でも、ユーラシア大陸最西端で家族写真を撮ることができましたよ〜。
Page_7_2016022005142742d.jpg
ただ、肝心な時にマロ妹は爆睡しちゃうんですけどね。。。まあ、マロが起きててくれたからいいかな。

次回はロカ岬の碑文をご紹介♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

リスボンの夜景とトラムと。

リスボン旅行中、素敵な光景を多々見ることができました♡
Page_1_20160214061325f71.jpg
広場からはお城の夜景と、

噴水のキラキラした感じとか。
Page_2_20160214061326a61.jpg

クリスマスイルミネーションの様子とか。
Page_3_20160214061328982.jpg

メインの通りでは、クリスマスツリーが飾られていて、
Page_4_20160214061330dd2.jpg
月夜に浮かぶ、デコレーションもまた素敵でした♡

でも、マロ母が一番好きだった景色はやっぱり、
Page_5_2016021406133125c.jpg
リスボンの坂道を縫うように走る、ケーブルカーとトラムでした(^^)

ケーブルカーにはマロ妹と一緒に乗りました。
Page_1_20160214061349f46.jpg

ケーブルカーの中はとってもレトロ♪
Page_8_201602140618575eb.jpg
日本のバラエティ番組、「笑神様は〜」の鉄道BIG4がもしもこのケーブルカーに乗ったら、どんなコメントをしてくれるんだろうと、ちょっと想像しつつ。。。

マロ妹もキョロキョロ。。。
Page_9_2016021406185970f.jpg

街中を横断するので有名なトラム28番。
Page_6_20160214061854d09.jpg
マロとの散歩中に何度も遭遇したのですが、

こちらもまた、本当にレトロで素敵♪
Page_7_20160214061856e98.jpg

そんなレトロな乗り物を見ながらの散歩は、楽しくてついつい歩き過ぎちゃうね。
Page_2_2016021406135187b.jpg
滞在先アパートで、ちょっと散歩疲れのマロさん。

リスボンの街の雰囲気がちょっとでも伝わるといいなーと思いつつ、
次回はついにヨーロッパ大陸最西端へ向かいます!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ