スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントンDC学会旅行記~その6

ワシントンDCにいる間のお話晴れ

マロ父とずーっと、べったりのマロ。
DSC_0439.JPG

散歩の間も、部屋にいるときも、ずっとずっと、マロ父を見つめるマロ。
しまいには、こんなくつろいだ顔まで見せてくれました黒ハート

photo 2.JPG

これは、マロ父と見つめ合っていたら、ウトウトしちゃった時の表情です。

photo 3.JPG

このラブラブっぷりはなんですか?

photo 4.JPG

ちょっと疎外感を感じてくやしいマロ母でしたもうやだ~(悲しい顔)

次回はワシントンDCのモニュメントを散策しまするんるん

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ワシントンDC学会旅行記~その5

秋の景色が美しいワシントンDC。
DSC_0436.JPG

ワシントンDCにもドッグランがあります。
今回行ったのは街中にあるドッグパーク、「S Street Dog Park」です晴れ
http://www.yelp.com/biz/s-street-dog-park-washington
三角の小さな土地にある人工芝の可愛い公園でしたるんるん
入り口はこんな感じ揺れるハート
DSC_0408.JPG

マロ、東海岸でも楽しく走っていますね。
DSC_0413.JPG

東の犬とも仲良くできるかな?
DSC_0425.JPG

公園内には、季節外れのソメイヨシノ桜が咲いていました。
ソメイヨシノを見るのは4年ぶりです。
DSC_0431.JPG

花びらをマロの身体につけて遊んでみたりして黒ハート
DSC_0432.JPG

次回はマロ父とのラブラブっぷりを報告しますね♪

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

ワシントンDC学会旅行記~その4

さてさて、ワシントン・モニュメントを観光した後のお話。

まずは街中を通り抜けて、
DSC_0355.JPG

向かった先は、、、「リンカーン記念堂」。
DSC_0385.JPG

リンカーン記念堂(Lincoln Memorial)とは、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンを記念して建立された、大統領記念建造物の一つです。建物はギリシャの方式で作られており、内部にはリンカーン大統領の像があります。
下はリンカーンとマロです。
DSC_0374.jpg

内部両側面には2つのリンカーン大統領による宣言が彫られています。こちらに刻まれているのは、ゲティスバーグ演説の内容ですね。

DSC_0377.jpg

1863年11月19日、南北戦争の激戦地となったゲティスバーグで戦没者を祀った国立墓地の開所式が行われました。
その際に、エイブラハム・リンカーンが、272語、3分足らずの短い演説を行ったのです。
その中に、かの有名な、「人民の人民による人民のための政治(government of the people, by the people, for the people)」というニュアンスが含まれていたとのことで、今日では民主主義の本質を語ったものとして世界的に知られています。

この記念堂はマーティン・ルーサー・キングによるワシントン大行進の際の演説の舞台にも使われています。
あの、「I Have A Dream」の演説の舞台だったわけです。うーん、アメリカ合衆国の歴史もなかなか面白いですね目

見学したし、そろそろコーヒーが飲みたいね、マロ。帰りますか。
DSC_0382.jpg

近所のカフェで一休み。
IMG_1610.JPG

なんだか、マロもマロ父もご機嫌だねぴかぴか(新しい)
次回はワシントンDCのドッグパークと秋の模様を紹介しますねるんるん

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

ワシントンDC学会旅行記~その3

マロ一家はホワイトハウス見学後、周辺も観光しました。
観光には地下鉄を使用バス
マロはこんな感じ目目
マロは意外にも狭いところが好きな様で、シェルパケージ大好きです。自らジャンプして中に入ります。
IMG_1569.JPG

ホワイトハウス北側にある公園、ラファイエット・スクエア。

DSC_0333.jpg

ワシントン市民の憩いの場所ですね。

この公園の名の由来となった人物は、ラファイエット侯爵。

DSC_0354.JPG

彼はフランス人でありながらも義勇軍としてアメリカ独立革命に参加して活躍し、その後のフランス革命でも大きな影響を及ぼした人物なのです。
こうした記念碑があちらこちらにあります。

DSC_0359.jpg

こちらはワシントン記念碑(ワシントン・モニュメント)。
コンスティテューション池から眺めた写真です。
DSC_0367.JPG

1776年の独立戦争時に、アメリカ大陸軍を率いてイギリス軍との戦いを勝利へと導いた合衆国初代大統領、ジョージ・ワシントンの名誉ある功績を称えて建造された、アメリカ合衆国大統領記念碑の一つだそうです。

次回はリンカーン記念堂を紹介しますね♪


黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

ワシントンDC学会旅行記~その2

さてさて、アメリカの首都・ワシントンDCといえば、皆様の頭にすぐに浮かぶのは、、、ひらめき

DSC_0348.JPG

そうです、大統領の公邸である「ホワイトハウス」ですねメール
「ペンシルベニア通り1600番地(1600 Pennsylvania Avenue)」はアメリカで最も有名な住所ですね。
現在は第44代大統領であるバラク・オバマ氏が住んでおります。

DSC_0349.JPG

9/11テロ事件前は、ホワイトハウスの内部見学ツアーは必見の観光名所となっていたそうですふらふら
隣接するホワイトハウス見学センターで簡単な手続きをするだけで、内部に立ち入ることが可能だったそうで、運が良ければ、大統領の側近やファーストレディー、大統領本人とまですれ違うこともあったらしいです。現在は事前手続きとバックグラウンドチェックに通過した団体のみが見学できるそうで、ちょっと残念ですねあせあせ(飛び散る汗)

ん? マロも政治に興味があるのかい?

DSC_0350.JPG

マロは我が家の大統領だから、それで我慢してくださいよるんるん

次回はホワイトハウス周辺を散歩しますexclamation


黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

ワシントンDC学会旅行記~その1

少しづつ、寒くなってきましたね。四季がある場所では、紅葉が輝くこの季節。
マロはどこにいたのでしょうか?
DSC_0330.JPG

マロはこの秋、なんと、「東海岸デビュー」を果たしてしまいましたぴかぴか(新しい)

犬生、二回目の飛行機exclamation
またもやシェルパケージに自ら乗り込み、
IMG_1621.JPG

飛行機の客席下で爆睡し、
IMG_1617.JPG

向かった先は、アメリカ東海岸・首都であるワシントンDCるんるん
実はこの秋、マロ母はお仕事での出張があったのでした。
向かった場所は、神経科学の学会場、コンベンションセンターあせあせ(飛び散る汗)
当然マロは興味なしたらーっ(汗)
IMG_1586.JPG

ところがそのマロが、一番興奮する事件が待っていました揺れるハート
この場所にマロ母の応援のため、なんとマロ父が駆けつけていたのですわーい(嬉しい顔)

IMG_1567.JPG

再会を喜ぶ二人のラブラブっぷりはすごいですハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

次回からは、ワシントンDCの秋模様を、少しづつお伝えして行きますね♪

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

ハロウィンパーティ~2011♪

マロの今年のハロウィンの衣装は、、、

photo 3-1.jpg

”火消しのめ組”

そう、日本の東京・浅草で購入したものです。やっぱり日本犬は和服が似合うのです。
見てください、この笑顔揺れるハート

DSC_0276_3.JPG

服を着ることも特に抵抗無く、いつも通り通常営業のマロ。スマイルの安売りは大得意ですぴかぴか(新しい)

昨年はウエストハリウッドの仮装パレードに参加したマロ一家ですが、今年の目的地は、、、そう、ドッグパークるんるん
何故なら、「犬だけのハロウィン仮装パーティ」が開かれるからです。
この日向かったのは、、、プレイヤ・デル・レイのドッグパーク。
到着して周りを見回すと、お、いたいた、仮装したワンちゃん達が犬

DSC_0313_2.JPG

骸骨とは、これまたシュール。ハチさんもいますね。
DSC_0318.JPGDSC_0292.JPGDSC_0293.JPG

お!柴犬勢揃いか?
DSC_0306_2.JPG

マロ以外の柴達は仮装していませんでしたふらふら
というのも、みんな着せて5分で大暴れして、脱いでしまったとかバッド(下向き矢印)
和犬は裸族ののようです。

そんな中、一つ驚く報告がわーい(嬉しい顔)

な、なんと、マロに、彼女ができちゃいました黒ハート黒ハート黒ハート

DSC_0298_2.JPG

写真左のララちゃんるんるん
まだ4ヶ月の女の子です揺れるハート

見てください、このラブラブっぷりぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_0555.JPG

マロも大人の階段を一歩登ってしまったようですかわいい

DSC_0321.JPG

お母さんはちょっと寂しい(笑)

次回はワシントンDC旅行の報告です♪

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

カリフォルニア工科大学~ラスト

さてさて、間が開いてしまいましたが、カリフォルニア工科大学の紹介は今回がラストです。
前回までに宇宙物理の建物の紹介をしたので、今回はお庭の紹介を揺れるハート

アメリカの大学の大半は広大な敷地なのですが、ここ、カリフォルニア工科大学は単科大学というのも手伝って、やや小ぶりな感じがします。

それでも美しい芝生や、
DSC_0596.JPG

ギリシャ文字のモニュメント、
DSC_0595.JPG

円弧を描く噴水、
DSC_0600.JPG

などの見どころはたくさんです。

マロも父と一緒にお散歩します。
DSC_0606.JPG

ここはゲストが多く集まるファカルティーレストラン。結婚式も行われます。
DSC_0592.JPG

中庭には何故か和風の庭園がありました。
DSC_0583.JPG

亀もいますね。
DSC_0586.JPG

マロも笑顔。
DSC_0587.JPG

さらに講義堂。
DSC_0597.JPG

構内には、こんな貴重なモニュメントも!

これ、ベックマンのpHメーターのモデルなんです。
DSC_0604.JPGDSC_0603.JPG

pHメーターは、小学校の理科でやった、あの「アルカリ性」とか「酸性」とかを計るものなのですが、
精密に測る機械を開発したのが、ここにいたベックマン教授です。

以下は、ベックマン・コールター社のホームページより抜粋。
http://www.beckmancoulter.co.jp/index.html

”1934年、カリフォルニア工科大学の助教授をしていたアーノルド O.ベックマン博士(当時34歳)は、友人の科学者グレン・ジョセフから、ある相談を受けました。ジョセフは、カリフォルニア果実栽培業者取引所の分析化学者として、レモンジュースの酸度分析をしていましたが、当時の測定方法には問題がありました。当時、酸度測定にはガラス電極とガルバノメータ(電位差計)が使われていましたが、それらは、大きくて不安定で大変壊れやすく、実用的ではありませんでした。

ベックマン博士は、ベル研究所Bell Labsで習得した最新技術を駆使して、真空管を使った小型で高精度の酸度計の設計図(スケッチ)をジョセフに渡しました。しかしこれを最初に組み立てた無線通信技師は、整流回路設計を正しく理解できなかったため、正しく動作しませんでした。そこでベックマン博士は、自らこの酸度計を組み立ててジョセフに渡しました。この時が、世界初のpHメーターの誕生です。
pHメーターは正しく動作し測定ができましたが、また問題が発生しました。ジョセフの同僚達がこの便利な酸度計を次々と借りに来たため、ジョセフ自身がまったく使えなかったのです

そこで、ベックマン博士は、ジョセフのために、pHメーターをもう一台製作しました。それ以降、このpHメーターは、名機モデルGの登場などで、数十万台の販売台数を数え、「友情のpHメーター」として業界の神話となりました。”

うーん、、、友情のpHメーターですか。。。

最後に、この大学の生協をちょびっとご紹介。
DSC_0590.JPG

スポーツで有名な大学ではないので、大学グッツは少しですが、それでもキュートです。
パサデナに行く機会があったら、散歩コースに入れてほしい場所の一つですね。

次回はマロの今年のハロウィンをご紹介しますね!

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。