まろのしつけ、その弐

前回の引き続きで、トレーニング回想録です。

マロが4ヶ月だった頃に、パピートレーニングなら大丈夫!
と思って、近所の子犬用クラスに参加しました。

トレーナーはアメリカ人のC先生。
その際に教わった方法は以下。

1、おやつをたくさん持っておく。
2、おすわりやふせを教える時には、たくさんのおやつを使って教える。
3、悪いことをしたら無視する。または、何か物を遠くから投げ、天罰があったと思わせる。
4、いいことをしたら、褒めておやつをあげる。

この方法は、最初の子犬時代にはとても良かったのです。
柴犬はとても頭がいいので、すぐに、おすわりやフセ、マテもできるようになりました。

ところが、、、

Page_3.jpg

しばらくすると、いうことをあまり聞かなくなりました。
7ヶ月ぐらいから、徐々に反抗期に入り、プイッとするようになりましたもうやだ~(悲しい顔)
もちろんある程度は聞くのです。おやつを持っている限りちっ(怒った顔)
Page_2.jpg

でも、反抗すると、わざと家具におしっこしたり、かじったり、やりたい放題もうやだ~(悲しい顔)
怒らずに無視していると、ますます状況は悪化。。。

その時、C先生に相談すると、
「おやつをもっとあげて、気を引かないとダメよ。」と言われ、
「太っちゃうんじゃないですか?」と聞くと、
「あとから運動させればいいから。」と言われました。
ちなみに、この方法は、ずる賢いタイプの柴には向かないしつけ方法でした。
彼らは、私達が思うより、ずっとずっと賢いんです。

しまいには、こんな状況へ発展。。。
Page_1.jpg

乗るのが禁止されたソファーの上で、おやつを食べながら、テレビでスポーツ観戦。。。

この時点で、人間の方が明らかに犬より格下でしたふらふら
こいつは、こいつは、、、可愛いだけの犬じゃない。。。
マロ母が悟った瞬間でしたがく~(落胆した顔)

今となっては、無用の長物でしかない、C先生のクラス卒業証書。
Page_3.jpg

この無用の長物を抱えたまま、マロ母の迷走は続くのでした。
このお話はしつけシリーズその参に続きます。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ