スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろ走り。

今日はマロ母、旅行先からなので一枚♪
走るマロです。
Page_1_201401311602348f6.jpg
いつもなんだか楽しそうだよね、マロは(^^)

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ベルリンの花火。

2013年最後のイベントー!
先日もご紹介した、新年の花火の話です。
Page_1_20140130183603276.jpg

毎年、首都ベルリンではブランデンブルク門から戦勝記念塔までの2キロメートルが野外パーティー会場に変貌します。
世界中から有名アーティストが集まって音楽を演奏し、100万人もの観客が参加するすごいイベントです。
動画は先日の記事にアップしています

しか〜しこのイベント、本当に危険でした。。。
頭上だけでなく、人間に向かって飛び交う花火と爆竹。。。
Page_2_20140130183617759.jpg
死ぬかと思いました(泣)。

マロとフェリックスはホテルでのんびり新年を迎えたのでした♪
Page_3_20140130183632536.jpg

旅行記事が本当に長くなってしまいましたが、何はともあれ、2014年をマロと一緒に迎えられて、マロ一家はとてもハッピーでした!ベルリン記事は次回でおしまいです。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

チェックポイント・チャーリー

今日は冷戦のシンボルだった場所のひとつをご紹介。
Page_1_20140129181411adf.jpg

ここ、チェックポイント・チャーリー (Checkpoint Charlie) は、ドイツ・ベルリンの東西分断時代に置かれていた国境検問所で、東西境界線上にありました。
Page_3_20140129181458894.jpg

こんな感じで、「ここからはアメリカのテリトリー外になるよ〜」と看板がありました。
Page_2_20140129181433310.jpg

実はこの「チェックポイント・チャーリー」という名前はコードの「C」に対する当て字で、 "Charlie" なのです。同行したデンマーク人の友人が教えてくれたのですが、他の検問所にはチェックポイント・アルファ (Checkpoint Alpha)、チェックポイント・ブラヴォー(Checkpoint Bravo)という名前があり、A、Bと来てCがあったわけです。 つまりこの名前は「チャーリーさん」という人に関係がある場所では全くなかったのです(笑)。マロ母、ここも勘違いしていました(汗)。
Page_4_20140129181504b15.jpg

軍人さんコスプレをした観光客用の方と一枚♡
Page_5_20140129181504f82.jpg

マロと一緒の散歩で、たくさんの歴史を知ることができました♡ 世界史の勉強不足を恥じつつ、ブログに備忘録として書いています。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ベルリンでの信号待ち。

今日は写真を一枚だけ。

マロのベルリンでの信号待ちシーンです。
Page_1_20140128054740e81.jpg

マロは色々な街で信号待ちをしています♡


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

マロ、ベルリンの壁の前で。

今日は前回に引き続いて、歴史的に重要な場所のご紹介です♪

ここはベルリンの壁記念碑で、ベルリンの壁の一部が国境線や監視塔と共に残されています。ここでは、国境施設がどのように構築されていたかを見ることができます。
Page_1_2014012620490476a.jpg

マロ母、しっかり世界史の勉強をして来なかったので、当日、ドイツ人の友人とデンマーク人の友人に詳しい解説をしていただきました。さすがヨーロッパの方々はこの時代の歴史に詳しく、近代史に弱いマロ母はちょっと恥ずかしくなってしまいました(^^;)

実はマロ母、さらに恥ずかしながら、ここに訪れるまでベルリンの壁って東ドイツと西ドイツを分け隔てる為の壁だと思っていました(汗)。実は旧東ドイツと西ドイツの分け方は以下のようになっており、首都であるベルリンのみが小島のように東ドイツ内にぽつんと、西ドイツ領として存在していたのでした。
Page_2_201401262049060d8.jpg
これには理由があります。第2次世界大戦でドイツと戦ったアメリカ、イギリス、フランス、ソ連の4か国はドイツを分割して占領しました。そして首都だったベルリンも、これら4か国の間で分割され、占領されました。ソ連がベルリンの東側半分を取り、アメリカ、イギリス、フランスは西側半分をほぼ3等分して占領しました。このベルリンの分割占領こそが悲劇の始まりでした。

 特にソ連が占領していた東ベルリンでは、社会主義的な統治が敷かれていました。市民はこれを嫌って東から西ベルリン側に移り住んだり、東側に住みながらも稼ぎのいい西ベルリンへ通勤する人が増えていきました。どういうことかというと、社会主義では賃金は一律なのに、生産ノルマ引き上げなど労働者への締め付けが厳しくなっており、市民の不満が溜まっていったのです。こうなると、東ドイツ・ソ連にとっては困った事態になります。戦後復興に欠かせない労働力が、どんどん西側へ流出してしまっては、計画経済が成り立たないからです。東ドイツは、こうした人口の移動を非難し、防止に躍起となりましたが、東西間の生活水準の差は明らかでした。そこで東側がとった策が「壁」の建設だったわけです(上記写真右)。西ベルリンを壁で強引に囲ってしまい、交通を物理的に遮断することで、労働者を西側に逃がさないようにしたのです。

つまり壁とは、「西ベルリン全体を東ドイツの中で封鎖し、孤立化させたもの」なのです。だから壁は西ベルリンの周囲、約165キロに渡って存在していたのです。
Page_3_20140126204908047.jpg

こちらのマロとベルリンの壁の写真は、過去の記事では白黒写真でご紹介していました。
Page_4_201401262049092b1.jpg

この壁ですが、建設後に色々改良されました。最終的には警備をしやすくするため、以下の図のように、壁の裏を数メートルから数十メートルの幅にわたり無人地帯にし、番犬を放ち、警報装置を取り付けました。
Page_5_201401262049104be.jpg

また、越境する者がいないか見張るための監視塔も建てられました。(下記写真)
Page_1_2014012621391608e.jpg

このように、亡命を阻止するためにあらゆる工夫を凝らし、しっかりした封鎖体制が築かれるようになりました。ちなみにこの時に壁を見張っていたのは国境警備隊という軍隊組織でした。
Page_6_20140126211429807.jpg

つまり「壁」は単に障害物としての存在だけでなく、西ベルリンを周囲から完全に切り離し、東側からは絶対に越えさせないようにするための道具となったのです。そして、そうすることで東独の市民にとって西ベルリンは存在しない街、存在してはならない街になったのでした。事実、東ドイツが発行したベルリンの地図の中には、西ベルリン部分は空白になっていて、道路も鉄道も記されていないものがありました。

しか〜し、1989年になると、東ヨーロッパ諸国が相次いで民主化されていきます。東ドイツではデモが多発。

人材の流出を防ぐため1989年11月、東ドイツ政府は海外旅行自由化法案を発表しますが、手違いにより国境警備隊への連絡の前に生放送で記者会見が行われ、さらに会見を行っていた東ドイツ政府のスポークスマンであるシャボウスキーが「東ドイツ国民はベルリンの壁を含めて、すべての国境通過点から出国が認められる」と誤って発表してしまいました

それにより、東ドイツ市民が壁に押し寄せ、大混乱!国境警備隊員は東ベルリン市民の暴動と思い込んでとっさに検問所のゲートを開けてしまい、壁の崩壊となったわけです。

マロはすごい歴史的建造物の前に立っているねぇ。
Page_7_201401262114300e0.jpg
こういったものを間近に見ると、人間の一つの決断だったり、過ちだったりが、いかに歴史を左右して行くのかと思ってしまいますね。。。

今回は長くなってしまい、もはや犬ブログでも何でもなくなってしまいましたが、マロと一緒にみた歴史をを、少しでも皆様にお伝えできたら嬉しいです。

おまけ:
こんな重要なモニュメント前でも、芝生があると公園と間違えて、遊びを始めてしまった二匹。。。
Page_8_20140126211432481.jpg
もうちょっと、シリアスになってよ。。。


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ベルリン・戦争の爪痕。

今日はベルリンの暗い部分、でも決して目を背けることはできない部分をお伝えしたく思います。

ベルリンの街を歩くと、道ごとで建物の雰囲気がガラリと変わることに気づくと思います。
例えば、この通り。左側の建物の窓のサイズが全て一緒で、ちょっとした違和感を感じませんか?
Page_1_201401251806068ab.jpg
これは旧ソ連社会主義時代の東ドイツの建物です。

歴史の教科書に出て来る通り、社会主義は、「資本主義が人間の欲望と競争主義に立脚した理不尽な思想」であるという考えから、私的財産の制限、ないしは撤廃をめざす思想として誕生したものです。そのため、全てのものを均一化する思想があり、住居を含む建物も、このように均一なものとなっていたのです。

ただ、それがのちに、人々の労働意欲を減らし、経済成長の妨げとなっていくわけなのですが、、、。
東ドイツ側の建物の脇には、未だにこのような旧水道管の名残があり、街の中、たった数十メートル間で社会主義時代の雰囲気を感じることができます。
Page_2_201401251806082e5.jpg
1989年に東西統一がなされて、もう四半世紀も経ったわけですが、未だに街は開発途中であり、戦争の爪痕がたくさんあるのです。

また、地下鉄にもその名残が見られます。
こちらのNord駅を降りると、地下の駅構内に大変興味深い展示を見ることができます。
Page_3_20140125180609857.jpg
ベルリンには東西が分断する以前から鉄道・地下鉄があり、当然ですがその頃は東も西も関係なく路線が張り巡らされていたわけです。

そして、壁が存在した時代、それらの鉄道がどうなっていたかというと、以下の通り。
西ー東ー西と、地下を走る鉄道3路線は東ベルリン側の駅は全て封鎖され、「ゴーストステーション(幽霊駅)」になっていたそうです。
Page_1_20140125180547e41.jpg
ただ、中には地下鉄のトンネルを通って、東側から西側への脱出に成功した人もいるようで、この地下鉄には詳しい脱出ルートが紹介されていましたが、それらを防ぐために、東ベルリン側の駅ホームは東ドイツ軍が監視していたとのことなのです。マロ母、世界史をしっかり勉強して来なかったことをちょっと後悔しました。

さらに、一緒に同行していたドイツ人の友人から、こんな話も聞くことができました。
彼の幼少期、ドイツはまだ東西分裂時代だったわけですが、東ドイツから西ドイツに旅行することは(一部を除いて)不可能でしたが、西から東には旅行することが可能だったそうです。(無知なマロ母、それもビックリ!でした。)
そして、西側に住んでいた友人は、夏休みに家族で東側のおばさんの家に遊びに行くことになったそうです。もちろん検問チェックは厳しく、ほとんどのものは持ち込み不可だったとか。そして、東側のおばさんの家に到着し、隣の家から何から全てが奇妙なほど同じであり、物が全て配給で、数十年前のような貧乏な生活をしている姿を見た時に、友人は幼心ながら激しいショックを受けたとのことでした。そんなことを知らないおばさんは、「今日はこの街で一番のレストランに連れて行くね!」と嬉しそうな顔で話したといいます。訪れたレストランもまた、給食の配膳のような場所であり、とても街一番とは思えず、友人は料理を残してしまったとのこと。幼心にどれだけの影響があったのか、切ない話でした。

後にこのおばさんは、60歳を過ぎて仕事を退職し、西ドイツを旅行することを許された(東から西に行けるのは、退職して社会に影響力がなくなった老人のみだった)わけですが、西側の目覚ましい発展に愕然とし、こっそり東から持ち込んだ新聞を見せて、「情報操作」に嘆いたと言います。

現地の人から聞く話は、本当に重みがあり、同じ第二次世界大戦の敗戦国出身者としては、非常に考えさせられるものでした。

さてさて、もう少しベルリンの影の部分を見て行きたいので、マロとフェリックスは地下鉄に乗って移動です。
Page_4_20140125180611292.jpg

こちらは、2005年に開設された、ホロコーストで殺されたユダヤ人犠牲者のための記念碑です。1万㎡以上の敷地にコンクリート製の2000基以上もの石碑がグリッド状に並び、多様な高さで連なっています。
Page_5_20140125180612d33.jpg
地下にはホロコーストに関する情報センターがあり、ホロコースト犠牲者の氏名や資料などが展示されています。

マロもこの記念碑の前で、平和を願って一枚。
Page_6_201401251806259ed.jpg

日本は現在、第二次世界大戦から続く、近隣諸国との問題を多く抱えています。
マロ母には何が正しくて、何が間違っているかは分かりません。

ただ一つ、ベルリンを訪れて思ったことがあります。
日本は復興に関してかなり早い、素晴らしい国だと。それと同時にどうしてもそういった爪痕が見えにくくなる面があると。ベルリンは25年経った今でも、誰もが肌で感じるくらいの戦争の跡が残っており、誰にも忘れることができない場所です。日本は戦後も、その他の震災や災害後も素早く対処し、努力で街の復興に努めて来ました。その代わり、どこで何があったかが、目に見えて分かりづらく、その事象が風化しやすくなっているのも事実かと思います。そしてそれら過去の反省や努力が、若い世代に伝わりにくくなっているのもまた事実です。

日本が今まで過ごして来た道を、どんな過去であれも、そんな形であれも、少しでも忘れずに後世に伝えられるように努力していくこと。それは私達の世代の責任なのだなと、改めて思った次第です。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

アレクサンダー広場をマロと一緒に♪

ベルリンの街歩き♡

ベルリンを散策していると、細長い塔が遠くからも見えます。これは、旧東ドイツのテレビ塔です。
Page_1_20140124184430c74.jpg
高さが365mある建物で、アレクサンダー広場の目印でもあります。

マロと一緒に撮ろうとしましたが、、、高すぎて入らない(笑)。
Page_2_201401241844325e7.jpg
アレクサンダー広場は旧東ベルリンの中心地だった場所で、周辺には東西分裂時代の社会主義時代のビル群も残されています。

このテレビ塔の付近には、もう一つ旧東ドイツ時代の建物、世界時計が立っています。
Page_3_20140124184435528.jpg
各都市の時間が分かるのがまたいいですね。

この後は徐々に、ベルリンの深い闇の部分を見て行こうと思います。

おまけ:
マロとの散歩中に出会った、シアトルからの旅犬で柴犬の「トロ」ちゃん。可愛かったです。
Page_1_20140124184339c1c.jpg

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ベルリンで、物理学者を想う。

さて、ベルリンの街散歩♪

こちらがフランス大聖堂(Franzoesischer Dom)です。
Page_1_2014012308563183e.jpg

この大聖堂は、『Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト)』向かいにあります。
Page_2_20140123085633e7f.jpg
『Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト)』はベルリンで最も美しい広場と呼ばれているのですが、この日はまだクリスマスマーケットで埋め尽くされていたので、広場をゆっくり見ることはできませんでした。残念!

そこからさらに歩くと、こちらはフンボルト大学ベルリン校に辿り着きます。
Page_1_2014012308560545b.jpg
フンボルト大学はドイツ国内でも有数の素晴らしい大学で、日本からも、近代に森鴎外・北里柴三郎・寺田寅彦といった方々が留学したことで知られています。建物の伝統的な雰囲気もそうですが、アカデミック独特の感じに圧倒されますね。

特に、このフンボルト大学は、ヘルマン・フォン・ヘルムホルツやマックス・プランクなどの有名な物理学者を輩出しています。以下は左がヘルムホルツの像で、右がマックス・プランクの像です。
Page_2_2014012308560709c.jpg
ヘルムホルツはエネルギー保存の法則(熱力学の第1法則)を確立した人です。また、マックス・プランクは物質の最小単位に関する定数であるプランク定数のを見つけた人であり、ノーベル物理学賞を受賞した“量子論の父”とも呼ばれる人です。マロ父と友人達は楽しそうにこれらの像を眺めておりました。マロの目線はもちろんマロ母のカバン(オヤツあり)でしたが、、、。

マロもマックス・プランクと一緒に一枚♡
Page_3_2014012308563517d.jpg

マロもオヤツ学について、この大学で学ぶかい?
「オヤツを効率よくもらう理論」とか、導き出しちゃう?

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

まろ、ベルリンへ!

2013年年末ー。
マロはついにベルリンを訪れました。2014年新年をここで祝うためです♡

ここはベルリン中央駅前。
Page_1_20140122083918a35.jpg

こちらはドイツ連邦議会議事堂(Reichstag, Deutscher Bundestag)です。
Page_2_201401220839201de.jpg
この建物は、1894年に建てられたものだったのですが、1933年に炎上してしまいました。そして、第2次世界大戦後は西ドイツ側にありましたが議会としては使用されず、東西ドイツ統一後、8年をかけた大改築を終え、利用再開となりました。

こちらは先日の記事でもご紹介した、ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)です。
Page_3_20140122083921655.jpg
1791年にプロイセン王国の凱旋門として、アテネの神殿の門を手本にして建てられたものだそうです。ドイツ古典主義建築の傑作といわれる美しい門です。東西分裂時代は門のすぐそばに壁が築かれていたため、この門をくぐることはできなかったのですが、今では誰もが通れるようになりました。黒柴二匹も一緒に門をくぐります。

こちらはベルリンの壁の跡で、マロが立っているのは西ドイツ側です。
Page_4_2014012208392271d.jpg
ベルリンは街中にこういった、冷戦時代の爪痕がまだ残っています。

次回はベルリンをもっと詳しくご紹介!

おまけ:
ハノーバー滞在中に訪れたのは、「フォルクス・ワーゲン博物館」。
Page_5_2014012208392487c.jpg

館内は可愛いデザインで遊び心満載の展示物がいっぱい。
Page_6_2014012208411324a.jpg

こちらでは車の材質の説明をしていました。
Page_7_201401220841155ed.jpg

展示されていたアンティーク車もいいですね!
Page_8_20140122084116fab.jpg
ドイツは見る所だらけで困りますね(笑)。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

年末はラクレット?!

マロ一家、クリスマス後は別の友人のお宅にお世話になりました♡
Page_2_20140121051223727.jpg

この日の夕飯は「ラクレット」と呼ばれるチーズ料理でした。スイス付近での伝統料理だそうで、「アルプスの少女ハイジ」の食事場面のメニューにも出てくるそうです。
Page_1_20140121051221f51.jpg

鉄板の上でお肉を焼きます。
Page_3_20140121051224415.jpg

一緒にフランスパンも焼きます。
Page_4_20140121051226994.jpg

焼けたお肉にとろーり溶けたチーズを絡めて、
Page_5_20140121051245571.jpg

パンの上に乗せて、できあがり♡
Page_6_20140121051247db3.jpg

これが本当に美味しかったんです♪
ドイツ人の友人曰く、「年末になるとラクレットが恋しくなるんだよね。」とのこと。どうやら、日本の「年越しそば」的な立ち位置の食べ物のようです。でもこんなに美味しい食べ物なら、寒い季節に恋しくなるのも分かる気がします。

みんながラクレットに必死な中、疲れたマロはツリーの前でごろり。
Page_1_201401210513122ff.jpg

どこの国にも、寒い季節に恋しくなる食べ物ってあるんですね♡
マロ母もおでんが恋しいこの頃です(^^)

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

北ドイツの真珠・ツェレ

Felixくんとの冬休み。
マロ一家とFelix一家は他の友人と合流し、ハノーバーからほど近い、北ドイツの真珠・ツェレ(Celle)という街に行ってきました。
Page_1_201401200828143a8.jpg

ここでも小さなクリスマスマーケットが開催されていました♪
Page_2_2014012008281650b.jpg

二匹はもちろん、長めの散歩ができることに興奮!
Page_3_20140120082816597.jpg

カラフルな装飾を凝らした古い木組みの美しい家が立ち並ぶ旧市街地。ここは先の大戦の被害を全く受けなかったため、ドイツでは珍しく、このような美しい建物が保存されています。
Page_4_20140120082818cb3.jpg

クルミ割り人形の前で一枚。
Page_5_20140120082820fda.jpg

北ドイツらしいカワイイ建物が並ぶ広場で行われるクリスマスマーケットは、また素敵ですね。
Page_6_2014012008314757c.jpg

黒柴二匹もご機嫌♡
Page_7_20140120083149359.jpg

旧市街地の散歩もイイネ!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

まろ、ブレーメンの音楽隊に入隊したい?!

Felixくんとの冬休みー。
日帰りで訪れたのは、ドイツ・ブレーメンです。

こちらはマルクト広場。
Page_1_201401191829228d5.jpg

黒柴二匹がはりきってリポートします♡
Page_2_20140119182923fdd.jpg

ここブレーメンは、なんたって、グリム童話「ブレーメンの音楽隊」の舞台!
だから市庁舎脇にはこんな風に音楽隊の銅像が立っていたりします。
Page_3_201401191837254f4.jpg
下から、ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの順に積み上がっています。

「ブレーメンの音楽隊」(wiki参照)
かつて働き者だったロバは年を取ってしまい、仕事が出来なくなってしまったので、飼い主から虐待されるようになった。これはかなわんと脱走し、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える。その旅の途中で同じような境遇のイヌ、ネコ、ニワトリに次々に出会い、彼らはロバの提案に賛成し、ブレーメンへと足を進めた。
 ブレーメンへの道のりは遠く、日も暮れてしまったので動物たちは森の中で休憩をする事にした。すると、灯がともる家に気づいたので、その家に近づいてみると、中では泥棒たちがごちそうを食べながら金貨を分けている。ごちそうを食べたい動物たちは、泥棒を追い出すために一計を案じた。窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り、ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴いたのである。泥棒たちはその声に驚き、窓に映った動物たちの影を見て、お化けが出たと叫んで逃げ出して行った。動物たちは家の中に入ってごちそうをたらふく食べる事ができ、腹一杯になると明かりを落として眠りについた。
森に逃げた泥棒たちは、落ち着きを取り戻すと家に帰ろうとした。そして一人が偵察のために真っ暗な家の中に恐る恐る踏み込む。動物たちは家に入ってくる泥棒に襲い掛かった。ロバが蹴とばし、イヌが噛みつき、ネコは引っかき、ニワトリは突っつく。闇の中で散々な目にあって逃げ帰った泥棒は、本当にお化けに襲われたと思って仲間に報告したので、泥棒たちに家を取り戻す事をあきらめて退散してしまった。
動物たちはその家がすっかり気に入り、音楽を奏でながら仲よく暮らした。

色々な解釈ができる物語ですが、現代社会に置き換えると、これはリストラだったり高齢化だったりとしても捉えることができるのではないでしょうか。ロバは年取ったために農作業に役に立たなくなり、イヌも狩りができなくなり、ネコはネズミを取らなくなったために、人間から放逐されます。ニワトリはつぶされて鶏肉になろうとしています・・・。そのために、四つの生き物は、旅に出ることになったのです。ううっ。。。

とりあえず、黒柴二匹は同じ方向へ向いて、像と一緒に写真。
Page_4_20140119183727585.jpg

さてさて、街中を探検してみますか。
Page_1_2014011918372337b.jpg

ドイツの色々な童話の出所ともあって、街には様々な童話のモニュメントがありました。
Page_5_201401191833458dc.jpg

こちらはブタの像。何の童話なのでしょうか。。。
Page_7_20140119183347997.jpg

また、街並も本当におもちゃ箱みたいで、すごく可愛かったです。
Page_3_2014011918334278b.jpg

マロも街並と一枚♡
Page_4_20140119183343b6d.jpg

お店の店頭に置かれる、ドイツ職人さんの芸が光る玩具達。
Page_6_20140119183346aad.jpg

童話から抜け出したような場所に、ちょっとしたロマンを感じたマロ一家だったのでした♡
Page_2_201401191837240e5.jpg

おまけ:
ブレーメン土産に購入した、4匹の動物がマジックテープでくっついている、音楽隊のぬいぐるみ。
Page_5_20140119183728747.jpg
実は購入した当初から、マロに「ボクのおもちゃにちょうだい?」と狙われている代物。

ダメダメダメ!マロはかじってボロボロにしちゃうでしょ?
Page_6_20140119183747670.jpg
これは記念だからダメ!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

森でのお散歩♪

ドイツ・ハノーバーでの公園散歩風景。
 Page_1_20140118213639269.jpg

マロは新しい匂いに興味津々。
Page_2_20140118213640518.jpg

Felixくんは大好きな場所で大興奮!
Page_3_20140118213641445.jpg

あらあら、マーキングの匂いチェックは男性のマナーなのかしら?
Page_4_20140118213644973.jpg

ドイツにはたくさんの大きなワンコもいました。
Page_5_20140118213658b9e.jpg

グレートデンの彼は本当に大きかったね。二匹が子犬に見えちゃうね。
Page_6_20140118213700543.jpg

柵も何もない広大な公園をノーリードではしゃぎ回るワンコ達。
自然で自由で、なんだかほのぼのしちゃいました♡


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

黒柴でも水が好きな子もいる。。。

さてさて、冬休みのFelixくん家滞在記です。
今日は近所の公園でのお話をご紹介♪
Page_1_20140117075806ed4.jpg

Felixくんは意外にも、「泳げる黒柴」だったりします。
飼い主が木の棒を投げると、ジャンプしてそのまま池にドボンと取りに行きます!ビックリ!
Page_2_20140117075808f02.jpg

そして、しっかり拾って岸へ戻ってきます。
Page_3_201401170758097cf.jpg

到着後の水切りは重要らしいです(笑)。
Page_4_20140117075811598.jpg

ちなみに水嫌いなマロは、追いかけることができず、岸辺でウロウロ。。。
Page_5_2014011707583036d.jpg

終いには、友人に「ボクは水に入らなくてもいいよね?」と確認。
Page_6_20140117075831157.jpg

水嫌いはなかなか克服できないようです(^^)


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

お友達と、、、。

今日はマロ母多忙につき、写真を一枚だけ。
Page_1_20140116084558c6f.jpg
ドイツで出会った黒のラブラドールの女の子と一緒にお散歩。
楽しそうだね♡


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

長いお散歩の後は。。。

動物園でのロング散歩から戻った二匹は、お家でまったり。
Page_1_201401150816576c8.jpg

Felixくん、ウトウトした後、
Page_2_2014011508165845a.jpg

完全に爆睡(笑)。
Page_3_20140115081700003.jpg

マロもそれにつられて、、、
Page_4_201401150817015cc.jpg

爆睡(笑)。
Page_5_20140115081703700.jpg

遊び疲れた子供みたいですね♡


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

マロと一緒にハノーバー動物園・最終回

本日はワンコと一緒の動物園記事の最終回です♡

Felixくん、興味津々で園内をお散歩します。
Page_1_2014011407324251b.jpg

こちら、アジアゾーンで目にしたものは、、、
Page_2_20140114073243b83.jpg

そうです、大きなアジアゾウです!カッコいいですね!
Page_3_2014011407324576b.jpg

この日はたくさんの小ゾウが一緒に園内をお散歩していました。小さくてもゾウさん。カワイイ。
Page_4_20140114073245f45.jpg

こっちの子ゾウさんは一生懸命ミルクを飲んでいますね。
Page_5_20140114073248247.jpg

ちなみに動物園内には、放し飼いのクジャクや鶏がいました。マロも遭遇してビックリの様子。
Page_6_20140114074238cf1.jpg
でも、ドイツでは犬のしつけが行き届いているためか、犬の吠える声はどこからも聞こえませんでした。動物園に犬連れ自体ワンコも興奮しそうなので、結構ハードルが高そうなのですが、一緒のワンコ達はどの子も静かに飼い主に寄り添っていました。ドイツのワンコはしつけが出来ていてすごいですね。

さてさて、アジアゾーンではさらにトラにも遭遇!
Page_7_201401140742402d1.jpg

こちらはレッサーパンダ。笹を食べています。カワイイ。
Page_8_20140114074240a05.jpg

南半球ゾーンでは、オーストラリアやニュージーランドの動物にも会えました。こちらはワラビーさん。
Page_9_2014011407424442d.jpg

さらにおさるさんも!寒いから暖め合っているのかな?愛を感じますね♡
Page_10_2014011407424544d.jpg

とても楽しい動物園散歩でした♪
Page_11_2014011407450002b.jpg

最後にツリー前の二匹の写真を。
Page_12_20140114074502738.jpg

二匹とも、楽しく歩けて、色々な動物に会えて良かったね。
これで動物園報告はひとまず終了です!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

マロと一緒にハノーバー動物園・2〜Hannover Zoo〜 

さてさて昨日の続きでハノーバー動物園の散歩をご紹介♪
こちらが水生生物ゾーン。
Page_1_20140113071147a1f.jpg

いました!ホッキョクグマ!
Page_2_20140113071149906.jpg

結構な高さから距離を伺って、
Page_1_20140113071213514.jpg

一気にドボン!と飛び込みました〜!さすがですね。
Page_3_201401130711506ae.jpg

さてさて、こちらFelix君が気になっていたのは、
Page_4_20140113071152b00.jpg

アシカとアザラシのショーです♡
Page_5_20140113071153435.jpg

みーんなちゃんとトレーナーさんの指示に従ってすごいです!
Page_6_20140113074716d13.jpg

このショーの一番の目玉はこちら、鷲のショー。
Page_7_20140113074717ca3.jpg

トレーナーさんのピィーという笛の音で、会場の上を軽々と美しい曲線を描いて飛び回ります。
Page_8_20140113074718077.jpg

圧倒された二匹、呆然(笑)。
Page_9_20140113074720f39.jpg

水生動物ゾーンを超えると、次はいよいよ、あの大型動物にご対面です♡


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

マロと一緒にハノーバー動物園・1〜Hannover Zoo〜 

クリスマス当日ー。Felix一家とマロ一家は、ハノーバー動物園へ行ってきました♡
On the Christmas day, we went to Hannover zoo together!

二匹は同じ格好で匂いを嗅いでいますね。。。
Felix and Maro was seeking/smelling as same poses.
Page_1_20140112211820889.jpg

実はこの動物園、犬も一緒に入れるんです!「犬も家族の一員」と考えるドイツならではかもしれませんが、すごいですよね。
We can enter the zoo with dogs if we will pay "dog fee". Amazing! You know, German people think dogs are family members! Great!
Page_2_20140112211822749.jpg
犬のチケットにはジャーキーとトイレバッグが付いてきます。そこがなんとも(笑)
Dog ticket includes a treat and potty bags. Hahaha.

さて入園!二匹と一緒に歩きます。
Walking with Felix and Maro.
Page_3_20140112211823fa3.jpg

最初に来たエリアは、ライオンゾーン!
Here is Lion zone:)
Page_4_201401122118240c3.jpg

近い!大迫力です!
Lion has a tremendous impact!
Page_5_20140112211826667.jpg

マロ、目が釘付けになっています(笑)。初めて見る動物だもんね。
Maro was glued to the Lion. Of course, it is first meet for him!
Page_6_20140112211852df0.jpg

こちらはプレーリードッグ。
prairie dog
Page_12_20140112213328442.jpg

可愛い♡
Cute!
Page_13_20140112213330530.jpg

こちらはシカの仲間で、Kalibuというそうです。
There are kinds of deer, Kalibu.
Page_11_2014011221332771a.jpg

さてさて、Felixとマロの祖先が出て参りましたよ〜!オオカミさんです。
Oh, here is Maro and Felix's ancestors! Wolf!
Page_7_20140112211853fb5.jpg

黒柴達に気づくや否や、オオカミさんも反応。
Wolfs noticed dog's exist. They reacted a bit. Hmmm...
Page_8_201401122118559e1.jpg

マロとFelixもちょっと緊張?!
Oops! They made to strain with the tension!
Page_9_20140112211856d25.jpg

姿形は犬のようにも見えますが、眼光が鋭いですよね。
Wolfs looked the shape of dog but their eyes are different...Wild!
Page_10_2014011221185866b.jpg

オオカミの前で一枚♡
In front of the wolf....
Page_14_2014011221333080e.jpg

飼い犬達はオオカミさんは怖いということで、早々に撤退です(笑)。
OK, Felix and Maro are afraid of wolfs, we should go next place!

次回は水を好む動物達のご紹介♪
I will show you another water animals next time!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

黒柴友達に会いに行きます〜ドイツ・ハノーバー編

2013年の冬休みー。
マロ父は思い切って10日の休みを取りました。
というのも、オランダでは有給がiあまりに消化されていないと警告書が届いてしまい、罰則があったりするのです!ビックリ!マロ一家はマロ母の手術が夏にあった関係で夏休みを全く取っておらず、マロ父、ついに警告書を受け取りました(T_T)
そこで、冬休みはのんびり取ることになったわけです。

そんな冬休み、マロ一家がしたことと言えば、、、
「ヨーロッパの黒柴友達に会いに行こう!」
ということで、ドイツ・ハノーバーに行ってきました♪

会いに行ったのはこの方!Felixくんです!
Page_1_20140111225346b06.jpg
過去のブログでもご紹介しましたが、ドイツに住む黒柴君で、なんとFelixママとパパは偶然にもマロ父と同業者だったのです。知り合いがかなり被っているというビックリもあり、すぐに仲良くなりました♡
そこでこのクリスマスは、Felixくんのお家にお泊まりに行かせていただいたのです♪

さっそく迎えてくれたのはカワイイ、ウェルカムボード♡
Page_2_20140111225348fbb.jpg
Felixママは日本人ではないのですが、日本語を独学で勉強していて、話せるだけでなく、読み書きもすごく出来る方です。なので、こんな風に日本語でお迎えをしてくれました!

クリスマスにお邪魔したのですが、ターキー料理、本当に美味しかった〜!
Page_3_20140111225349877.jpg

二匹はどうして居たかというと、
Page_4_20140111225351a78.jpg
サンタ帽子を被ってオヤツ待ち。。。
クリスマスでもそうでない時でも、黒柴は変わらないのです。。。

Felixくんにはマロ父妹さんの切り絵をプレゼント♡
Page_5_20140111225352fec.jpg

さあ、この二匹、クリスマスにはどんな散歩をするのかな?

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

予告編~ベルリンでの新年!

今日は年末のハノーバー・ベルリン旅行の予告編です。

以下がベルリンの年越し花火の映像です。


かなり危険な花火で、正直ビックリしました~。というのも、人間に向かって、花火を撃ってくる若者などもいたりして、戦場状態。。。派手なイベントですごかったです。。。

ちなみに以下はマロとベルリンの壁。
20140110232829ca9.jpg
雰囲気、出ているでしょうか?

明日から旅行報告編第二弾、スタートです!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

スナップショット色々。

多忙に付き、年末の旅行記事が先延ばしになっておりますが、、、
今日はマロのスナップショット色々です♡

これは旅行先でホテルにチェックイン後、「出かけるぞ〜!」とウキウキのお顔。
Page_1_20140109054736b23.jpg

これはマロ母を待っている時の「待ち犬」的な顔。
Page_2_20140109054738cff.jpg

これはホテルでリラックス中のお顔。
Page_3_20140109054739fa0.jpg

飼い主だから、飼い犬の感情を分かりやすく感じるのでしょうか?
でも、それはきっと、どこのおうちでも一緒ですよね(^^)

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

忠犬マロ公。

日常によくある一コマ。

ヨーロッパでもスーパーやドラッグストアなどのお店では「ワンコはお外で待ってね」のサインがあるお店が多くあります。そんな時、マロはマロ父と一緒にお店のお外で待機になります。
Page_1_201401080945098dd.jpg

そんな時は忠犬マロ公が出没します。
Page_2_20140108094511a96.jpg
ステイでマロ母を待ちます。

でも待っているとたまに、こんな風に遊んでくれる人が登場します。
Page_3_2014010809451226e.jpg
そんな時、マロはちょっと嬉しそうです♡

ヨーロッパはドッグフレンドリーな所が大好きです♪

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ニュルンベルグ最終回!クリスマスマーケット♪

本日はニュルンベルク報告最終回です!
Page_1_20140107090528a06.jpg

夜のニュルンベルクの街は華やかなクリスマスマーケットの雰囲気と共に、中世の建物が浮かび上がり、それはそれは美しいです。
Page_1_20140107090500278.jpg

イルミネーションもカワイイですね。
Page_2_20140107090502085.jpg

クリスマスマーケットにはたくさんの人が!
Page_3_20140107090503891.jpg

あ、ここでも甘栗屋さん。
Page_4_20140107090504bba.jpg

露天にはたくさんの美味しい食べ物が!
Page_5_2014010709050645d.jpg
やきとうもろこし、とっても美味しかったです。

夜のマーケットは人が多過ぎて危ないので、マロさんはホテルでお留守番でした。
Page_6_201401070905486c8.jpg

次の日は、昼間のマーケットへ!
こちらは子供達メインのクリスマスマーケットです♡
Page_7_201401070905507e6.jpg

そのため、移動遊園地的な乗り物があちらこちらにあったりします。
Page_8_20140107090551e1b.jpg

こちらはメリーゴーランド。古そうだけど大丈夫かな?
Page_9_2014010709055347b.jpg

お店の屋根にはヘンゼルとグレーテルの人形が飾られていたり。やっぱりここはドイツですね〜!
Page_10_20140107090554c70.jpg

マロはここでも子供達に可愛がられていました♪
Page_11_20140107090612132.jpg

マロ母は甘いクレープを頂きます♡ マロさん、いい子にお座りしてももらえないよ?
Page_2_20140107090633327.jpg

あっという間に暗くなってきました。
Page_13_20140107090615b6e.jpg

旅行、楽しかったねぇ。マロさんや。
Page_12_201401070906137ca.jpg

最後は友人ご夫婦と一緒にツリーの前で一枚♡
Page_3_20140107090635cf1.jpg

長い報告となってしまいましたが、ミュンヘン・ニュルンベルグと、バイエルン王国の素晴らしさを知った素晴らしい週末旅行でした!(2泊3日がとても長くなってしまいすみません)


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

まろ、ニュルンベルク城を歩く。

街歩き報告も最後、今日はニュルンベルク城のご紹介です。
Page_1_201401060705550f2.jpg
ニュルンベルク城がいつごろ築かれたのかは不明なのですが、ニュルンベルク市自体が歴史の史料に登場するのは1050年で、城が史料に現れるのは1105年とのことなので、おそらくその前の時点でお城はあったものと思われます。1000年近くも前とは!ただ、この街自体、第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたため、現在のお城はその後の修復・再現されたものとなっております。

お城の下から一枚♪ マロが変な顔してますね。。。
Page_4_20140106070559d60.jpg

ちなみにこのお城に登ると、高台のため、街を一望できます。
Page_2_20140106070556d04.jpg
まさにファンタジーの世界!某アニメの風景にそっくりです。

マロはお城で他のワンコと遭遇。楽しそう。
Page_3_201401060705580e6.jpg

たくさん歩いて疲れたので、ちょっとコーヒーでもという話になりました♡
街に戻ります。この日はサッカーの試合もあり、クリスマスマーケットも終盤ということで、かなりの混雑でした!
Page_5_20140106070601fb2.jpg

カフェへ入ります♡ お店の感じもカワイイ。
Page_6_201401060706378f7.jpg

ここにはなんと、グリューワインケーキという、ホットワインで作ったケーキがありました!
Page_1_20140106070655e34.jpg
これがほんのりワイン味のトップとチーズケーキ風味でとっても美味しかったです♪

マロさんも疲れたので休憩。
Page_2_20140106070656156.jpg

次回はニュルンベルグ旅行最終回!本場のクリスマスマーケット報告です♡

おまけ:
マロとマロ父友人とのやりとり。

マロ「おやつ、くれるの?(凝視)」
Page_3_20140106070658183.jpg

マロ父友人「カメラはあっちだから、あっちを向いたらもらえるんじゃないかな?」
Page_4_2014010607065978d.jpg

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ニュルンベルグ/デューラー・ハウスとまろ

昨日の続きでニュルンベルグ街歩きです。
Page_1_20140105202001677.jpg

死刑執行役人の橋を後にします。
Page_2_20140105202003efd.jpg

お次に出て来た橋は、吊り橋のKettensteg(ケッテンシュテーク=ケッテン橋)!
Page_3_20140105202003414.jpg

高所恐怖症のマロさん、大丈夫かな?
Page_4_20140105202004de7.jpg

マロ父友人ご夫婦が先に渡ります。
Page_5_2014010520200606f.jpg

ちなみにこちらの吊り橋は、1824年に作られた鉄製の鎖で出来たものだそうです。
Page_1_20140105202745be0.jpg
マロもおそるおそるでしたがなんとか渡れました♡

橋から眺める風景もまた中世っぽくていいですね。
Page_6_201401052020439f3.jpg

街歩きに戻ります♪
Page_7_2014010520204513f.jpg

傾斜がある道を上って行くと現れたのがこちら。
ドイツの画家、アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)の家です。
Page_2_20140105202747fdc.jpg

こちらが家の玄関です。
Page_8_20140105202046912.jpg

デューラーはルネッサンス期の大家ですが、一般的に有名なのは、
1504年、『東方三賢王の礼拝』、ウフィツィ美術館所蔵の絵画と、
1507年、『アダムとエヴァ』、プラド美術館所蔵の絵画などですよね。ラファエロやダ・ヴィンチとも交流があったとのこと。
マロ母も実はあまり詳しくなかったのですが、絵を見て、美術の教科書に載っていたなぁと思い出しました。
(美術には疎くてすみません。。。)

お家の全景がこちら。中にはデューラーの資料が展示されているそうです。
Page_9_20140105202047d3d.jpg

マロと一緒に旅行すると、歴史や美術史も学べて楽しいね。ってマロはオヤツ学の方がいいよね。。。
Page_10_20140105202048ef9.jpg

ニュルンベルクのお話はもう少し続きます。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ニュルンベルグ・死刑執行役人の橋

前回の続きでニュルンベルグの街のお散歩です♪
Page_1_2014010409493713c.jpg
ドイツらしい可愛い建物の間を歩いていると、

馬車に遭遇したりします。
Page_2_201401040949399f9.jpg
実はこの写真の別のバージョンのものを、新年のご挨拶記事に使用したのですが、こんな大きな馬車が普通に街中を歩いているのがすごいですよね。

街並も中世の雰囲気そのまま♡
Page_5_20140104094943dd0.jpg

おっと、面白いものを発見!
Page_6_201401040949566fc.jpg

クリスマスデコレーションが!サンタさんがはしごを使って屋根によじ上っています。
Page_7_201401040949581a6.jpg
あれれ?サンタさんはトナカイのそりで空を飛ぶはずじゃあ?その辺はテキトウなんでしょうか。。。

ここニュルンベルグは城塞都市なので街の周りを運河が囲んでいるのですが、そのため橋が多いのです。
Page_3_20140104094939a0b.jpg

マロと一緒に一枚♪
Page_4_20140104094942f6a.jpg

ちなみにこんな風にウキウキで橋を撮影した後に気づいたんですが、この橋、実はヘンカー・シュテーク(Henkersteg)という名前で、「死刑執行役人の橋」という意味なんです。(ヘンカー(Henker)は死刑執行人、シュテーク(Steg)は小橋の意味。)
Page_8_20140104094959d96.jpg
写真左にちょこっと写っているのがヘンカー塔(Henkerturm)で、

写真の屋根のついたこの橋はヘンカー住居(Henkerwhonung)と呼ばれているとのことです。
Page_1_20140104095024adb.jpg
この名前の由来は、昔ここに死刑執行人が住んでいたことからだそう。

こちらは先ほどの屋根付きの橋から、ヘンカー塔を挟んでつながっている橋の部分です。
Page_9_201401040950015b9.jpg
屋根に苔が生えていて、独特の雰囲気ですね。

橋をゆっくり渡ります。
Page_10_20140104095002c3a.jpg
死刑執行人の住居というだけで、なんだかちょっと怖くなってしまいますね。

マロもちょっと怖いかな?!
Page_1_20140104095044440.jpg

街歩きはもう少し続きます♪

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

まろ、ニュルンベルグソーセージを食べ逃す(T_T)

新年を挟みましたが、ミュンヘン・ニュルンベルグ旅行の続きをご報告♪

ニュルンベルク(Nürnberg)は、バイエルン州第2の中世からの伝統ある都市であり、ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の舞台としても知られています。
Page_1_20140103100939b87.jpg

現在も旧市街は中世の城壁で囲まれており、街の建物は中世の面影を残したままでした。
Page_2_20140103100941673.jpg

ココの名産品と言えば、なんたってニュルンベルクソーセージ (Nürnbergerwurst)!
マロ一家とマロ父友人一家、職人広場を探索後は早速ソーセージのレストランへGO!
Page_3_20140103100942a02.jpg
こちらがニュルンベルグソーセージ専門店、Bratwursthausle

店内は常に大繁盛、大混雑です。
Page_4_2014010310094382c.jpg

これがドイツで一番美味しいといわれるソーセージ、ニュルンベルグソーセージです。
Page_1_20140103101017e0f.jpg
香辛料の利いた小さなソーセージを炭火で焼いており、8本〜12本などと注文することができます。付け合わせとしてザワークラウト, ポテトサラダなどをいただくことができます。これ、本当に美味しかったです!確かに今まで食べたソーセージの中で一番美味しかった!!!さすが、ソーセージの国!!!

まろ、ごめんよ。。。これは拷問だよね。。。一緒に居るのにもらえないなんて。
Page_5_20140103100946ebe.jpg
まろはここでも待たされるだけで、ニュルンベルグソーセージは食べ逃しました(笑)。だって脂っこいからお腹こわしちゃうもん。マロには他のものあげるからね。

さて、美味しいソーセージの後は再び街歩きです。
Page_6_20140103100958c95.jpg
それにしても中世の街。建物が独特で素敵♪

マロもこの街並に溶け込んでいるかな?
Page_2_201401031010198cb.jpg
サンタ姿で一枚♪

マロの街歩きはまだまだ続きます♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

ベルリンより、新年のご挨拶♪

昨日はふざけた挨拶記事でしたが、本日はちゃんと新年のご挨拶を。

マロ一家只今、年越しと元旦をドイツ・ベルリンにて過ごしております。
マロと一緒の海外生活も5年目に突入!マロはすっかり世界各地をふらふらする黒柴となってしまいましたが、そんなマロの視点も含めて、今年も海外ならではの記事をアップできたらと思っております。
(といっても海外をご紹介するには、マロ父母共に観光地や歴史に疎いため、まずは自分たちが勉強しないといけませんが、、、汗)

ベルリンのシンボル・ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)の前で、マロ父とマロと一枚♪
Page_1_20140101111041f07.jpg
2014年になりましたが、今年も変わらずのんびり更新の本ブログを応援して下さると嬉しいです。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

あけまろして 祝2014!

祝!2014年!Happy New year, 2014!
あけまろして、おめでとうございまろ!
今年もよろしくお願いしまろ♪
May the New Year turn out to be the happiest and the best for you!
Page_1_20131228075715698.jpg

(写真は午年を意識してみました♡)
This year's Oriental Zodiac is "Horse". Above photo is following the symbol:)


黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。