スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムステルダムでバレエ鑑賞〜「白鳥の湖」

9月某日ー。
マロ母は友人に誘われるままに、人生で初めてバレエなるものを観に行きました♡
行ったのは、オランダ国立バレエ団の白鳥の湖(Zwanenmeer)をこちら「Het Nationale Ballet」で観てきました。

夜のアムステルダムは雰囲気がありますね。
Page_1_20141105084113c83.jpg

このオランダ国立バレエ団は、アムステルダムの「Het Muziektheater」という劇場を本拠地に活動しており、この劇場はコンセルトヘボウと並んで有名な場所だったりします。
Page_2_20141105084115bb4.jpg
公演中はもちろん撮影禁止なので、こちらは開演前の会場の様子。オーケストラが下に見えます。中は意外と広かったです。

<(マロ母によるテキトウな)白鳥の湖のあらすじ>
成人を迎えるのにいつまでもプラプラ友人と遊んでばかりの、顔は良いが甘ちゃんマザコン男のジークフリート王子。ある日、母である王妃に「明日の舞踏会で嫁を決めなさい!」とキレられ、凹みながら湖の畔へフラフラと散歩へ向かう。
 湖には一羽の白鳥がおり、夜の帳と同時にその白鳥が美しい娘に変わるのを見てしまう。娘の名はオデットで、悪魔によって白鳥に姿を変えられ、夜の間だけこの湖のほとりで人間の姿に帰ることが許されているとのこと。そしてこの呪いは、永遠の愛の誓いによってしか解けないのだと言う。一目で恋に落ちたジークフリート王子はオデットに、私が永遠の愛を誓って悪魔の呪いを解いてあげましょう、と申し出る。
 翌日の舞踏会でジークフリート王子は花嫁候補の誰とも結婚しないと宣言して王妃を嘆かせたが、そこへ見知らぬ貴族が娘を連れて現れた。ロットバルトというその貴族の娘オディールはオデットにそっくりだった。そこでこの甘ちゃん王子、なんとオデットと間違え、オディールに永遠の愛を誓ってしまったのである。それを聞くや否やロットバルトとオディールは自分達の正体(悪魔だった)をバラし、ジークフリート王子を嘲る高笑いを残して去って行った。こうして悪魔の策略にはまってしまったジークフリートは、オデットにかけられた呪いを解くことができなくなってしまった。
そして、この結末は実は三種類あります。

結末その1:ハッピーエンド版。愛を誓い直し、王子がロットバルトを倒し、呪いが解けて2人は結ばれるというもの。

結末その2:アンハッピーエンド。呪いが解けず、オデットも王子も湖に身を投げて死ぬが、あの世で結ばれるというもの。

結末その3:片方だけ死ぬという究極に救われないもの。

今回の場合は、、、なんと結末その3バージョン(T_T)
最後のクライマックスでジークフリート王子がオデットに対する愛の力で悪魔をどう打ち負かすのかを期待していたら、なんと王子が狂って壊れて亡くなって幕引き。悪魔や白鳥&黒鳥は行方不明というなんとも後味の悪い終わり方(;_;)

それでも踊りは本当に美しく、音楽は最高だったので良しとしますか(笑)。
Page_3_2014110508411683c.jpg
(この写真は幕引き後の挨拶シーンです。公演中の撮影は禁止されています。)

でも、たまにはこういう文化的なイベントも良かったなぁと思ったり。。。誘ってくれた友人に感謝!です。

マロ王子は自宅でお留守番♪
Page_4_20141105084117626.jpg
マロ王子は、マロ母を間違えたり、、、しないよね???

充実した夜でした♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

白鳥の湖って、そんなお話だったんですね(^◇^)
しかも結末が3パターンも!
実は昔、楽器をやっていたので、白鳥の湖の曲は演奏したことがあるのに、内容をよく知りませでした(笑)

アムステルダムのバレエ素敵ですね(*^^*)
私もバレエは一度も見たことがないので、いつか本物をヨーロッパで鑑賞してみたいです♪

No title

>はるこむしさん
お返事が遅くなってすみません(^^;)
楽器やっていたんですね!すごいですね。吹奏楽か何かですか?
チャイコフスキーいいですよね〜。曲のメローな感じがすごく好きです。

しかし、まさかこんなお話だったとは、、、私もバレエ鑑賞するまでは気がつかなかったんですけどね(笑)。ぜひアムステルダムのクラッシック音楽とバレエを見に来てくださーい。黒柴マロがお待ちしております♪
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。