紀州犬銃殺のニュースを読んで。

マロ母、かなり久々のしつけに関する記事です。
Page_1_20150918050339b3e.jpg

先日、千葉県の松戸市で紀州犬が人を襲い銃殺されたというニュースをインターネットで読みました。去年、しつけに関する記事をいくつか書いていたわけですが、「ああ、日本でも起こってしまったか。。。」というのが正直な感想でした。

紀州犬を銃殺したことには賛否両論あるようですが、マロ母の海外犬飼育経験からの正直な意見としては、一番問題なのは飼い主だと思っております。犬の吠える、噛むという威嚇行為をトレーニングできなかったのは飼い主の落ち度だと思います。

Page_2_20150918050341d17.jpg

「ウチの子は性格だから〜」とか「トレーニングできないから〜」とか「トレーニングするのは可哀想だから〜」という言い訳をする飼い主さんもいるワケですが、それは”甘え”だとマロ母は昔、タイソン先生にものすごい言われました。
「犬を𠮟れず、吠える・噛む行為を許している飼い主は、自分が可愛い人間なんだ。飼い犬の事なんて愛してない。自分の飼い犬を愛していたら、銃殺される可能性があるような犬の威嚇行為をどうして止めさせないのだ。自分の犬が他の人に殺されるのを指を咥えて見ているような人間なんだよ。」
これは本当にショックな言葉でしたが、銃社会のアメリカにおいてはリアルな話で、マロの事を𠮟れなかった自分を心から悔やみ、反省したのでした。そして一生トレーニングを心に決めて、今に至ります。(といっても常にうまくいっているわけではありませんが。。。頑張っています。)

そして実際、日本で銃殺の事件が起きてしまいました。。。

今回は紀州犬という大型犬だったため、このような措置が取られたわけですが、小型犬でも「噛む」という事件は起きており、それは単に表面化していないだけかと思います。柴犬は小型犬ですが、子供に怪我を簡単に負わせるだけの力はあります。また、例えチワワのような小型の犬だったとしても、噛むクセを止めさせることができなければ、赤ちゃんの指ぐらいは噛み切ってしまうかもしれません。だから、絶対に「噛まない」しつけはどんな犬にもするべきなんです。また、「吠える」という行為も威嚇行為なので、止めさせるべきです。それができない犬は公共の場に連れて行くべきではありません。
Page_3_20150918050342449.jpg

一生トレーニング、一緒に頑張りませんか?
Page_4_20150918050343a3c.jpg
トレーニングは愛犬とのコミュニケーションでもあり、とても楽しい事です(^^)

これ以上、哀しい事件が起きませんように。

マロ母はマロとトレーニングを頑張りながら、ブログでぼやきつつ、心から祈っております。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ