イタリア世界遺産・アクイレイア後編

さてさて前回の続きで、いよいよ総大司教座聖堂のバシリカを見学に行きます!
Page_1_20151020054223713.jpg

歴史的建造物・鐘楼の前で、マロもポーズ!
Page_2_20151020054223f8d.jpg

鐘楼の前をよく見ると、ローマの起源の伝説に登場する、雌オオカミに育てられたロムルスとレムスの像が!
Page_1_20151020055108359.jpg
このアクイレイアがどれほどローマとかかわりが深かったのかが分かりますね。

ちなみにもちろん聖堂内部には犬は入れないため、マロは外で待機。また、マロ妹も中では飽きちゃうので外で待機。
Page_4_20151020054227b2e.jpg
マロ父とマロ母は交代で内部の見学へ行って参りました♡

さてさて、こちらが聖堂内部。
Page_3_20151020054225bea.jpg

昔読んだ、須賀敦子さんの「地図のない道」という本にこのアクイレイアは出てきます。西暦313年にローマ帝国内でキリスト教が認められた直後、このアクイレイアに祈祷のための大集会所が作られたのです。そのためこの大聖堂は11世紀の建築で外観はロマネスク様式になりますが、4世紀に造られた建築物の廃墟の上に建てられたものなのです。
Page_1_201510200542473c1.jpg
この床、見えますでしょうか?

床一面に美しいモザイク画が!
Page_2_20151020054252741.jpg
アクイレイアは何度も異民族の侵攻に遭うので、これだけのモザイク画が残されているのは奇跡と言えるでしょう。

この床のモザイクは4世紀に作られ、長い間、人目にふれずに残っていたようです。なぜならば、新しい床でこのモザイクを覆っていたからとか。
Page_3_20151020054253daf.jpg

そのお陰でこれだけの保存状態のものが4世紀から残っていたのですね。感嘆!
Page_4_20151020054255f99.jpg

アクイレイアの聖堂には各地から人々が聖書の神髄を学びに集まってきており、実はこのモザイク画は教科書でもあったそうです。
Page_5_201510200542576ff.jpg
なんと美しい教科書でしょう!
あまりの美しさにため息が出てしまいました♡

そんなこんなで、マロ父母交代での見学は終了!
Page_5_20151020054227c7e.jpg
外での家族写真はコチラ。

イタリアの片田舎に素晴らしい世界遺産、マロと散歩しつつも見学できて嬉しかったです!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ