スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニア工科大学~ラスト

さてさて、間が開いてしまいましたが、カリフォルニア工科大学の紹介は今回がラストです。
前回までに宇宙物理の建物の紹介をしたので、今回はお庭の紹介を揺れるハート

アメリカの大学の大半は広大な敷地なのですが、ここ、カリフォルニア工科大学は単科大学というのも手伝って、やや小ぶりな感じがします。

それでも美しい芝生や、
DSC_0596.JPG

ギリシャ文字のモニュメント、
DSC_0595.JPG

円弧を描く噴水、
DSC_0600.JPG

などの見どころはたくさんです。

マロも父と一緒にお散歩します。
DSC_0606.JPG

ここはゲストが多く集まるファカルティーレストラン。結婚式も行われます。
DSC_0592.JPG

中庭には何故か和風の庭園がありました。
DSC_0583.JPG

亀もいますね。
DSC_0586.JPG

マロも笑顔。
DSC_0587.JPG

さらに講義堂。
DSC_0597.JPG

構内には、こんな貴重なモニュメントも!

これ、ベックマンのpHメーターのモデルなんです。
DSC_0604.JPGDSC_0603.JPG

pHメーターは、小学校の理科でやった、あの「アルカリ性」とか「酸性」とかを計るものなのですが、
精密に測る機械を開発したのが、ここにいたベックマン教授です。

以下は、ベックマン・コールター社のホームページより抜粋。
http://www.beckmancoulter.co.jp/index.html

”1934年、カリフォルニア工科大学の助教授をしていたアーノルド O.ベックマン博士(当時34歳)は、友人の科学者グレン・ジョセフから、ある相談を受けました。ジョセフは、カリフォルニア果実栽培業者取引所の分析化学者として、レモンジュースの酸度分析をしていましたが、当時の測定方法には問題がありました。当時、酸度測定にはガラス電極とガルバノメータ(電位差計)が使われていましたが、それらは、大きくて不安定で大変壊れやすく、実用的ではありませんでした。

ベックマン博士は、ベル研究所Bell Labsで習得した最新技術を駆使して、真空管を使った小型で高精度の酸度計の設計図(スケッチ)をジョセフに渡しました。しかしこれを最初に組み立てた無線通信技師は、整流回路設計を正しく理解できなかったため、正しく動作しませんでした。そこでベックマン博士は、自らこの酸度計を組み立ててジョセフに渡しました。この時が、世界初のpHメーターの誕生です。
pHメーターは正しく動作し測定ができましたが、また問題が発生しました。ジョセフの同僚達がこの便利な酸度計を次々と借りに来たため、ジョセフ自身がまったく使えなかったのです

そこで、ベックマン博士は、ジョセフのために、pHメーターをもう一台製作しました。それ以降、このpHメーターは、名機モデルGの登場などで、数十万台の販売台数を数え、「友情のpHメーター」として業界の神話となりました。”

うーん、、、友情のpHメーターですか。。。

最後に、この大学の生協をちょびっとご紹介。
DSC_0590.JPG

スポーツで有名な大学ではないので、大学グッツは少しですが、それでもキュートです。
パサデナに行く機会があったら、散歩コースに入れてほしい場所の一つですね。

次回はマロの今年のハロウィンをご紹介しますね!

黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。