番外編~ヨセミテで出会った動物達~

今回のヨセミテ旅行で出会った動物達をご紹介しますわーい(嬉しい顔)

まずはリス。公園では2種類を見かけました。

一種類目は日本でもおなじみの「シマリス」

DSC_0180.JPG

シマリスは、森林に生息する小型リスです。 背中の縞模様が特徴的ですね。この小さなシマリス、意外にも森の生態系に重要な役割を果たしているんだとか。彼らの木の種を取って地面に埋めておく習性が、森の中の苗木の定着に不可欠な役割なのだそうです。

二種類目はアメリカではよく見かける「ハイイロリス」

DSC_0249.JPG

ハイイロリスは、北米の森林に生息する大型リスです。 体毛色は灰色で、腹部は白く、ふさふさした大きな尾は体と同じ長さがあります。 基本的には昼行性で木の実や木の芽、果実、キノコ、昆虫類などを食べます。見てる限り、しょっちゅう何かしら食べています。
長い尻尾は運動のバランスを取るためだけでなく、仲間同士のコミュニケーションにも使われてるそうです。

こっちではマロとにらめっこしています。

DSC_0250.JPG

さらに、園内に響き渡る声が特徴の「ステラーカケス」

DSC_0259.JPG

この青い羽が特徴の鳥は、スズメ目カラス科で全長約30cmです。北アメリカの太平洋岸、アメリカ西部からメキシコにかけて生息しており、針葉樹林やマツ、カシの林にいます。園内に響き渡る「シャー」という鳴き声はこの鳥の声です。黒い頭と青い翼の目立つ鳥です。
上から見下ろして挑発しているのか?

DSC_0263.JPG

マロ、挑発されても笑顔で対応。

DSC_0260.JPG

最後に、おなじみの「ミュールジカ」

DSC_0291.JPG

ミュールジカは北アメリカ西部で普通にみられるシカです。耳がラバ(ミュール)のそれに似ているのでこの名前が付けられたとか。
我々の目の前を悠々と散歩していました!

DSC_0292.JPG

こういった動物達にも会えるのが、ヨセミテの素晴らしい部分ですね。
次回はセコイア国立公園をご紹介します。


黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Post a comment

Private comment

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ