夏休み旅行~ヨセミテ・セコイア国立公園の旅~ その2

1日目の続きです。
ホテルにチェックイン後、公園内でまず向かったのが、ヨセミテの美しい景色を一望できる「グレイシャーポイント」。
FishCampからはクネクネした山道を車で1時間程度走ると着きます。

おやおや? 山道の入り口に何やら立て看板が。

DSC_0134.JPG

え?これ、山火事注意ってこと?

DSC_0189.JPG

車を少し走らせると、早速、煙が押し寄せてきました。

DSC_0186.JPG

山道脇に目をやると、うわっ!本当に燃えている。

DSC_0183.JPG

空なんて煙で真っ黒。太陽も綺麗に見えない。

ヨセミテでは時折、自然発火による山火事が起きるそうです。1990年には大規模な山火事のため、夏のハイシーズンに園内を閉鎖するはめになったとか。

観光客の私達からすると、「山火事、危険!すぐ消して!」と思ってしまうのですが、実はこの自然発火も、山には必要だったりします。

ヨセミテに生息する動植物は、現在も数百年前の種のまま生態が保存されているものが多々います。公園内には今も約10ヘクタールの原生林が残っており、250種以上もの脊椎動物が生息しています。中でも、世界最大の植物として有名なジャイアントセコイアはこの山では美しく保存されており、その大きさには息を呑みます。

ところがこのジャイアントセコイア、種子である大きな松ぼっくりは発芽するためには、熱を持った土が必要であり、そのため自然発火の山火事で焼かれた土壌が必要だとか。最近では、我々人間の、山火事対策により、このジャイアントセコイアの繁殖能力が落ちているとの報告もあるそうで、山火事も無意味ではないのだなーと、あらためて自然のシステムに驚嘆します。

そんな山火事を脇目に、トロトロ運転で向かった先に開けたのは、グレイシャーポイント。

DSC_0140.JPG

「グレイシャーポイント」とはヨセミテバレー直上にある展望地で、ヨセミテバレーの南壁の標高2199メートルの場所にあります。

DSC_0139.JPG

ここからはヨセミテ滝、ハーフドーム、バーナル滝、ネバダ滝、クラウズレストを含むヨセミテ国立公園のすばらしい眺望が見られます。

DSC_0145.JPG

グレイシャーポイントは冬には積雪で閉鎖されてしまうため、夏しかオープンしていません。何故かと言うと、グレイシャーポイントはバレーの切り立った断崖絶壁の上にあるため、道がかなり曲がりくねっており、運転が結構難しいのです。しかしながら、車で行ける唯一の大展望台でのため、夏はたくさんの人で賑わいます。美しい高峰のシェラネバダをバックに、ハーフドームが空に浮かび上がり、バレーが遠く小さな緑の固まりのように見える所です。

DSC_0142.JPG

山火事のせいで煙っていましたが、ココから見える景色は素晴らしい。マロもご満悦。

DSC_0154.JPG

うしろには有名なネバダ滝。

DSC_0159.JPG

こちらはバーナル滝。

DSC_0160.JPG

8月で水量が落ちているとはいえ、この迫力ですから雪解けシーズンでは大迫力なのでしょう。

DSC_0162.JPG

初日はドライブで疲れたので、このグレイシャーポイント見学後、ホテルに引き返しました。

DSC_0138.JPG

途中、ヨセミテ内の売店に寄って、明日のハイキングに必要な物を買いそろえます。

DSC_0191.JPG

夕方の森は雰囲気があって素敵。

DSC_0190.JPG

でも熊が出る前に退散しなきゃ。

明日はいよいよヨセミテ内のトレイルを歩きます。



黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村

Post a comment

Private comment

プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ