スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろのしつけ、その四

久しぶりに、まろのしつけのお話の続きを書きます。

前回のブログ記事で、脱走癖があるということはお話ししました。
そして、そういった問題行動を治すために、しつけなおしを決意したマロ父と母いい気分(温泉)

Page_1.jpg

以前のブログ記事でも書きましたが、マロ母のジャズピアノの先生のツテで、ハリウッドで活躍中の有名なドッグトレーナーであるタイソン先生を紹介してもらい、約3週間、彼の元にマロを預けました。

何故、合宿形式でしつけをされたのか?

タイソン先生はドッグトレーナーの中でも、一番難易度の高い、「レッドゾーン」の犬をトレーニングすることができます。「レッドゾーン」の犬とは、人間(飼い主も含める)に噛み付いて怪我をさせた犬、またはそういった問題行動を起こす可能性が高い犬のことです。
タイソン先生の得意分野は、ピットブルや土佐犬のような「闘犬」タイプの、人を殺せるぐらいの力がある犬達を完全服従させ、セラピー犬レベルの素行のいい犬にトレーニングすることです。
こういったことができるトレーナーさんは、真面目な話、かなり少ないです。
大半の問題犬は、しつけのし直しができず、保健所のような場所で殺されていきます。

タイソン先生曰く、
「噛む犬がいるのは、バカな飼い主のせいだ。」とのこと。
要するに、甘やかして育てて、飼い主がボスになっていないことが問題なのです。
そういった問題行動を治すには、まずは「甘やかされた生活」という根本を治さないとダメです。
そこで合宿という形で犬を預かり、犬達は朝昼晩、管理された生活とトレーニング、完全服従をさせられます。
マロは我々に完全服従をしていなかったために、「脱走」を繰り返していたのでした。

合宿後のマロは、本当に別の犬になっていました目
でも、この合宿はトレーニングの本当に最初の部分です。この後が大変なのです。
完全服従をタイソン先生にしたところで、我々にしなかったら、元の木阿弥です。
大事なことは、犬から尊敬を勝ち取ること。要するに尊敬されるボスになることが重要なのです!

皆さんはどちらの上司が好きですか?
どちらのタイプの上司をより尊敬しますか?

A. 仕事ができたら褒めてくれるが、間違えたときは無視される。
 仕事がよくできると、ご飯をおごってくれるが、自分の間違っている部分への指摘は一切ない。
B. 仕事ができたら褒めてくれるが、間違えたときはその場で注意される。
 ご飯をおごってくれることはないが、間違いに関しては繰り返して注意してくれ、きちんと教えてくれる。

マロは賢いが故に、Bタイプの上司でないと尊敬できないようなのです。
間違いをきちんと指摘してくれる厳しい上司を、マロは求めていたのでした。

タイソン先生に言われたのは、「犬じゃなくて人間の子供だと思え。犬はエサでつられるほどバカじゃないんだ。叱らない親を子供が尊敬すると思うのか?」ということ。
マロ父も母も、これには納得でした。でも、褒め方は分かっていても、「叱り方」は分からなかったのです。

そこで初めて、タイソン先生から「叱り方」を教わりました。
使用するのはコレ、「ピンチカラー(プロングカラー)」
Page_2.jpg
ピンチカラーは、一見虐待器具のように見えますが、犬にとっては、チョークチェーンよりも優しい首輪です。引っ張ると、複数の突起が、母犬の口と同じ刺激を犬に与えます。母犬は、子犬が拾い食いをしたときなどに首に噛み付いて注意します。その母犬の口の刺激とほぼ同じ造りなのが、このピンチカラーです。ピンチカラーは、突起で刺激が分散されるため、少しの力で、しっかりとした「No」というメッセージを犬に送ることが可能です。

下記写真の←の部分に使用されているのが分かるでしょうか?
Page_1.jpg
使い方は次回、詳しく述べますね。

C先生のトレーニング(Aタイプの上司)から、タイソン先生のトレーニング(Bタイプの上司)に変えて、マロにとてつもない変化が訪れました。
それまで脱走、若干のフードアグレッション、他の犬との軽い喧嘩など、やんちゃしてきたマロ。
Bタイプの上司に変わったことで、一気に問題行動が減っていきます。
この話の詳細はまた次回!

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロ君がタイソン先生のもとで、どのように過ごしたのか、
すごく興味あります。
とはいえ、その先は飼い主がしっかりとやらないと、何の意味もないですもんね。

うちも決意をして1ヶ月が過ぎました。
まだまだですが、この1ヶ月間一度も歯をあてられていないので、
ちょっとは進歩したかな~って思ってます。
飼い主が中だるみしそうな時期なので、しっかりやらないといけませんね。

そんな時にマロ君のしつけ記事、有り難いです。
とっても励みになります。
これからも色々教えてくださいね!

No title

>COROTAMAさん
コメントをありがとうございます。
トレーニングは継続が大事なんですよね。
我が家も中だるみと気合いの入れ直しを繰り返しています(汗)。
トレーニングシリーズはゆっくり更新していきますね。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。