スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本帰国編〜小太郎君とデート♪その2

前回から引き続いて、小太郎君特集です♪
iPhoneの写真がイマイチ、、、ですが、綺麗な写真はトミーさんのブログ、しあわせ日和で見ていただくこととして(他力本願、笑)、私の方からはちょっとしたエピソードのご紹介を♪

トミーさんご夫妻と小太郎君に、稲荷山公園と狭山湖に連れて行っていただいたのですが、これまた、小太郎君が色々面白かったです。他のワンちゃんとの絡みで面白かったお話は、次の記事でご紹介しますが、小太郎君は基本的に「とても賢い」んです。。。ものすごくヒトを良く見ています。。。

まず、一緒に行った先の狭山湖畔。
1011-1.jpg
曇っていましたが、懐かしい場所が変わっていなかったことに安堵。

ここで小太郎君のリードをマロ母が持ち、散歩スタート。
1011-2.jpg

最初はぐいぐい引っ張っていた小太郎君ですが、私の顔を見て、
「あ、コイツは絶対、オレ様のいうことは聞いてくれない。しょぼん。」と判断した後、
いきなりリードにかかる力が弱まりました。

これ、上下関係を瞬時に見ているんですよね。。。

さ、ら、に、

「コイ」のコマンドで軽くリードをポンっと引くと、嫌々ながらもちゃんと来るわけです。

トミーさんが「しつけが大変で小さい頃は可愛くなかった!」とおっしゃっていた意味がようやく分かりました。。。
小太郎君は「賢すぎる」が故に、瞬時にヒトの顔色を読んで上下関係を見てしまうわけです。
これは大変。絶対的なボスにならない限り、認めてくれないわけですもん。
うちのマロよりも大変だ。。。こりゃ。。。

しかも、自分が好きなポーズは余裕でやっちゃう(笑)。
1011-3.jpg
抱っこも全然平気。

リーダーウォークができないって言ってたけど、これはトムさん(トミーさん旦那様)の優しさが、運悪く小太郎君の賢さにやられちゃったのかな、と思いました(笑)。強いボスになって厳しく教えれば、小太郎君はすぐできるようになるだろうなと、リードを持ちながら勝手に思った次第です♪

犬ってどの子もそれぞれ性格がハッキリあるから、面白いですね(^^)

ちなみにその頃のうちのマロは、、、
1011-4.jpg
ペットホテルから戻っても、マロ母がいないことに焦り、哀愁漂う顔を見せ始めました。
早く帰ってあげないとなぁ。。。

次回は小太郎君特集最終回、他のワンちゃんとのコミュニケーションです♪

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがマロ母!!
小太郎君の賢いがゆえの行動を瞬時に見抜くとは!!
自分の犬ばかりが大変だと思ってたけど
みんな小さい時は同じように苦労をしているんですね
またひとつ勉強になりました
けど私はセンのボスではなく、「母ちゃん」なので
なめられていると思います

マロ君、気の毒だけど寂しそうなお顔も可愛いです

No title

マロ母さんだと、小太郎の態度が全然違いましたよね~。
ホント、人を見てるんだな~って思いました。
最近は、ある程度歩いたあとだと
「ゆっくりよ」って言うと
並んで歩いてくれるようになりました(*^^)

マロくん、すごい寂しそうな顔…。
今日は大丈夫だったでしょうか…。

No title

>よしえさん
いえいえ、私などまだまだですよ〜。でも本当に小太郎くんは賢いんだな〜
と思いました。よしえさんは「母ちゃん」なんですね(笑)。
でもなめられているふうにはみえませんでしたよ♪

>トミーさん
小太郎くんは賢いから「ゆっくり」といえば分かってきたんですね♪
トム父さんが甘やかさなければ大丈夫だと思いますよ(笑)
マロは昨日手術成功してきました。
また様子などはアップしていきます。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。