スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンタクラースがやってきた!

皆さんはクリスマスというと、何を最初に思い浮かべますか?
樅の木?イルミネーション?それとも、やっぱりたくさんのプレゼントでしょうか?

皆さんご存知のサンタさんは、クリスマスの前の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるとされている伝説の人物ですよね。北の国からトナカイの引くそりに乗って、世界中を回ります。

さて、このサンタクロース。実は元々はオランダから来ているんです(ビックリ!)。
サンタクロースは4世紀頃の東ローマ帝国のミラの司教、教父聖ニコラウスの伝説が起源なのです。
ニコラオスは学問の守護聖人として崇められており、「聖(セント)ニコラオス」という呼称が使われています。

そうなんです、これをオランダ語にすると「シンタクラース」なわけです。オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があったそうな。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったと一説には言われています。

今日はこのシンタクラースがオランダに到着した日。街中でパレードがあります。
マロも行きたいだろうけど、まだ足が全快じゃないからお留守番だよ〜!
1119-1.jpg

マロ父と母だけ、近所でパレードを見学してきました!
1119-2.jpg

シンタクラースがスペインからスチームボートに乗ってやってきます。 ボートには、お供のズワルテピート(黒い顔の従者)たちと、たくさんのプレゼントも乗っています。 この日から、シンタクラースがスペインに帰る12月5日まで、街はシンタクラース一色に染まります。
1119-3.jpg
シンタクラースは大きなノートを持っています。そのノートには全ての子どもについて、良い子でいたかどうか記録してあるのです。 良い子のところには、ズワルテピートがプレゼントを持ってきてくれます。
だから、子供達はドキドキしながら夜を待ちます♪

1119-4.jpg
先週末は、アムステルダムの街中がお祭り騒ぎでした!

さて、家に帰ると、、、
1119-5.jpg
シンタクロースに会えず、ぐれた黒柴が。。。

マロも12月5日の日には、きっと、、、いいこと、、、あるよ。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サンタクロースはオランダから来ているんですね~
とても勉強になりました
こういうパレードを見ると、外国ならではだなぁとつくづく思いますね
1度は見てみたいものです
ところでマロ君、目開いてるしグレてるなんてモンじゃないですね
この後どうしたのかしら?
気になるところです

No title

>よしえさん
パレードっていっても日本のみたいに系統だってきちんとしてるんじゃなく
結構ぐだぐだですよ。なので、実物をみると案外がっかりするかも。。
でも異文化にふれるという意味では結構おもしろいものだったりしますよね。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。