スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬連れ海外旅行:日本→アメリカ編 その2

☆航空会社選び

最近はペットフレンドリーな社会になってきたとはいうものの、やはり動物は動物。人間とは違います。飛行機に乗せるのにも、どこまでが許されているのかをちゃんと確認しなくてはならないのです。われわれの条件は「マロを機内の座席の下に持ち込める」ということでした。特に生後4ヶ月の子犬でしたし、やはりこの点は譲れませんでした。

1125-1.jpg


東京・ロサンゼルス間で直行便を運行している航空会社はいくつかあります。
・ユナイテッド航空
・アメリカン航空
・デルタ航空
・全日空
・日本航空
・シンガポール航空
他にもありますが、多くの方になじみがあるのはこのあたりではないでしょうか。上三つはアメリカ系、その下二つは言わずもがな日系、最後がわりかしサービスが好評なアジア系航空会社です。アメリカ系は如何せん食事はまずいし、サービスは悪いしであまり好ましくないんですが、実はマイルが貯まりやすいというメリットがあったりします。

さて、このようにいくつもある選択肢。しかし、犬を機内に持ち込めるという条件を満たすところはというと・・・!それはどれもアメリカ系。ユナイテッド、アメリカンとデルタ航空。(ペット規定のページはこちら→ユナイテッドアメリカンデルタ全日空日本航空シンガポール

どの航空会社もペットは輸送可能なのですが、詳しくみると日系・アジア系の3社は貨物室のみとなっています。サービスは確かに優れているアジア系航空会社ですが、犬連れ旅にはそれほど優しくないようです。いずれにせよ、ひとつでも大丈夫なところがあれば万々歳。ということでユナイテッドの直行便を犬一匹連れで手配しました。(結局この便は欠航になったため、乗り継ぎになったんですけどね)通常だとオンラインで予約するのが手っ取り早くて一番便利なんですが、犬連れの場合は機内持ち込みの数が限られているらしく、電話で確認してからの予約となります(2009年当時の話)。ちなみにマロの分の代金は2万円程度でした。

機内持ち込みの場合はキャリーバッグのサイズやらにも規定があります。規定にそった商品も売り出されており、その代表格が「シェルパ」ではないでしょうか。マロが最初に入っていたのはこのサイズ

1125-2.jpg


でも今は大きくなったからラージサイズですけどね。当ブログで時々お目にかけてます。

1125-3.jpg


☆アメリカ入国

結論から言うと、これはほとんど問題なし。つまり日本の出国条件(狂犬病等のチェック)さえ満たせば、あっさり入国できました。(ただし、これは日本で狂犬病が発生していないという事実によるものであるため、その他の国から入る場合はこの限りではなさそうです。さらにこれは州によっても違うみたいです。カリフォルニア州でそうだからといって、他の州でもそうとは限らないらしいのでご注意下さい。)

ただ、いろいろ調べている段階では、本当に大丈夫かそれはそれは不安でした。というのも万が一確認ミスでもあれば、そのせいでマロが入国できなくなってしまうわけですから。簡単なのに越したことはないですが、あまりに簡単すぎると逆に疑わしくなってしまうもので。。

そこでUS Department of Agriculture(日本でいうところの農林水産省)のホームページやら読んで、さらにはメールで質問をしたり、いろいろしてみましたが・・やはり大丈夫そう。当日はドキドキでした。何しろ手にしている書類は成田空港でもらった輸出検疫証明書一枚のみ。「こんなんで本当にいいのかーーー」と心中穏やかではなかったです。

で、実際サンフランシスコ空港に着いて、税関で「申告あり」のレーンに並ぶんですが。。なんとまあ未チェックですよ。書類見ないし。。マロ見て興奮してるし。空港職員仕事しないね。あ、でもマロ用のエサは没収されました(たぶん肉類が持ち込み禁止だったから?)。ただ、職員はゴミ箱に捨てる前にちゃっかり袋から出して、マロに食べさせてましたけどね。「犬欲しい〜」とかぬかしながら。「なんだかなあ、アメリカって自由だよなあ」と再認識した瞬間でした。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

基本犬は、貨物室だと思ったので
こちらのブログで機内に乗れるのを見てビックリ!!
確かに一緒に乗れると安心ですね
マロ君は小さい時から飛行機に乗って
旅をしているワンコですね
けどアメリカの動物検疫って・・・
ドキドキしているだけに、ホント何だかなぁ~ですね

No title

>よしえさん
一般的なイメージだと、貨物室かもしれませんね。でもアメリカ系の
良いところなのか、機内に持ち込めちゃったりするんです♪
この方が随分安心ですよね。
本当にアメリカの動物検疫は・・いい加減でしたよ〜。あきれました(笑)

No title

はじめまして。
近々、犬と一緒にアメリカに渡航予定で、このブログにたどり着きました。
色々とネットで調べると、ワクチンを打った方がいいという話もあったり・・・
情報が色々あって困惑してますw
でも、とりあえず狂犬病の接種だけすれば大丈夫なのでしょうか?? (^_^;
通常、獣医さんの発行する狂犬病の証明書は日本語で記載されていて、
ワクチンの種類とかライセンス番号とかまでは書かれていないと思うのですが、
マロ君が渡航した際は何か特別な狂犬病のワクチン証明書を発行してもらいましたか?

No title

>Akiさん
コメントをありがとうございます。書類に関しては以下の記事に詳しく載せてありますので一読いただけたらと思います。
http://marosworldanatomy.blog.fc2.com/blog-entry-357.html
ただ、これも2009年時点のお話ですので、成田の検疫所に問い合わせして確認を頂きたく思います。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。