スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろのしつけ、その弐

前回の引き続きで、トレーニング回想録です。

マロが4ヶ月だった頃に、パピートレーニングなら大丈夫!
と思って、近所の子犬用クラスに参加しました。

トレーナーはアメリカ人のC先生。
その際に教わった方法は以下。

1、おやつをたくさん持っておく。
2、おすわりやふせを教える時には、たくさんのおやつを使って教える。
3、悪いことをしたら無視する。または、何か物を遠くから投げ、天罰があったと思わせる。
4、いいことをしたら、褒めておやつをあげる。

この方法は、最初の子犬時代にはとても良かったのです。
柴犬はとても頭がいいので、すぐに、おすわりやフセ、マテもできるようになりました。

ところが、、、

Page_3.jpg

しばらくすると、いうことをあまり聞かなくなりました。
7ヶ月ぐらいから、徐々に反抗期に入り、プイッとするようになりましたもうやだ~(悲しい顔)
もちろんある程度は聞くのです。おやつを持っている限りちっ(怒った顔)
Page_2.jpg

でも、反抗すると、わざと家具におしっこしたり、かじったり、やりたい放題もうやだ~(悲しい顔)
怒らずに無視していると、ますます状況は悪化。。。

その時、C先生に相談すると、
「おやつをもっとあげて、気を引かないとダメよ。」と言われ、
「太っちゃうんじゃないですか?」と聞くと、
「あとから運動させればいいから。」と言われました。
ちなみに、この方法は、ずる賢いタイプの柴には向かないしつけ方法でした。
彼らは、私達が思うより、ずっとずっと賢いんです。

しまいには、こんな状況へ発展。。。
Page_1.jpg

乗るのが禁止されたソファーの上で、おやつを食べながら、テレビでスポーツ観戦。。。

この時点で、人間の方が明らかに犬より格下でしたふらふら
こいつは、こいつは、、、可愛いだけの犬じゃない。。。
マロ母が悟った瞬間でしたがく~(落胆した顔)

今となっては、無用の長物でしかない、C先生のクラス卒業証書。
Page_3.jpg

この無用の長物を抱えたまま、マロ母の迷走は続くのでした。
このお話はしつけシリーズその参に続きます。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パピートレーニング方法、我が家も殆ど同じ方法をとっていました。
ん?今もです(^^;;

だけどそのせいか体重は微増、何よりご褒美目当てだけの関係になっちゃうのでは?って寂しくもあります。
なので今はおやつ以外のご褒美を見つけていかなくちゃなーって思っているところです。

何よりあとみの場合他のワンコが食べているものへの執着・嫉妬が強いんです(^^;;
今のところそのシーンに遭わせない様回避策をとってますが・・・十匹十色。
しつけは難しいですね。。

それにしてもマロ君おやつ食べながらソファでスポーツ観戦とはすっかりアメリカンスタイルですね~(^^ゞ。
この後の軌道修正、ご苦労があったことと思います。
差し支えない程度で教えてくださいね(^^)

No title

おやつで・・・という躾はわりと最初にする飼い主さんは多いですよね。
これで、よく言う事を聞くようになれば悪くはないけど
ご褒美目当てになりますね。
我が家も何かの交換は、おやつを貰えると思っていて、わざわざ、何か交換こになりそうな物を探して持って来たり(^_^;)
小さな頭でズル賢いことを考えてますね~

No title

リッキーの場合、何か別の楽しいもの(例えばドッグランで他のワンちゃんと遊ぶとか)があると、おやつは全く知らんぷりになります。
酷い時は、口からペッと出します。(超悪いでしょ~^^;)
なので、言う事を聞かせるには、おやつは効果が無いと分りましたが、じゃあ何で・・・? 
やっぱり主従関係をはっきりさせる事なんですねよ。

No title

>あとみ母さん
うちもフードアグレッションにはかなり困らせられました。
というか気を抜くと今でも起こすと思います(苦笑)
全く油断のならないやつです。
ソファでスポーツ観戦、たしかにアメリカンスタイルですよね(笑)

>beeさん
ぷくちゃん、物々交換とはなんとも近代的な犬ですね(笑)
でも本当にこのスタイルのしつけだと、彼らには
こちらの魂胆なんか簡単に看過されてる気分になって
ちょっと落ち込みますね(^^;)

>COROTAMAさん
うちもマロもドッグパークではおやつは二の次になります。
きっと彼らが喜ぶことが一番のご褒美なのでしょうけど、
じゃあそれをどうやってうまく使ってしつけをするのか
というのが難しいところですよね。。。うちもまだまだ
苦労してます。でも主従関係で上にさえいれば、この
へんのコントロールも遥かに簡単になると言うのは
タイソンがよく言っていることです。うちもまだまだ
なんですけどね(^^;)

No title

先週はお忙しいところ有難うございました☆

これは、Positive Obedienceと言うやつですね?!この方法でOKの犬もいるでしょうが、駄目な犬もいますよね。人間に色んな性格があるみたいに、犬も一緒なのに・・・、ずる賢いと言う言葉がピッタリな柴にはちょっと・・・ですよね。

この方法を推奨するトレーナーさん達は、噛む犬とか、アグレッションのある犬とか、きっとトレーニングお断りされるんでしょうね。もしくは安楽死なんて薦めるんじゃないでしょうか??!

我が家も麻呂には苦労させられたので、お気持ちよくわかります!
でも、うちの麻呂に比べたらまだまだ可愛いーーですよ。笑

No title

>OC麻呂一家さん
こちらこそありがとうございました。とても楽しい時間を
過ごさせていただきました。

たしかにPositive Obedienceの方法は、ずる賢い柴には
向かないかもしれないですね。もちろん個性があるので
きく子もいるのかもしれませんが。

いやいや麻呂くん、とってもお利口ですよね。
トレーニングは相当苦労されたのですね。
うちも見習わないとです♪

はじめまして、こんにちは。

6ヶ月の赤柴の雄を飼っております。
飼い始めたころからフードボウルに手を入れたり体を撫でたりしていたのですが、
逆効果だったのか?、
ついに威嚇するようになり、噛みつくようになってしまいました。
ありとあらゆる方法を試したのですが(手でドッグフードを与える、服従訓練を入れる、など。)、
お恥ずかしいことにまったく改善できません。

犬それぞれ個体差(我が家の犬はかなり臆病で神経質でストレスの器が小さいです。)はあることは理解はしているのですが、
マロ君のフードアグレッション、
どのように対処したら改善できたのか教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

No title

>らってぃさん
コメントありがとうございます。フードアグレッションでお悩みのご様子、お察しいたします。飼い主としてはとてもつらいところですね。最新の記事にも書いたのですが、個体差があるとはいえ、フードアグレッションに限らず、全てのアグレッションは、飼い主がリーダーになりきれていないことが原因かと思われます。特に柴のオスですから、少しでも甘い態度をみせると付け入ってきます。できれば信頼のおけるトレーナーさんを見つけて、指示を仰ぐのがベストかと思われますが。。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。