セラピー犬の試験問題1

トレーニング再開を記念して、セラピー犬の試験回想録を一つ書こうかと思います。
Page_1_20130220072353.jpg

マロはアメリカでセラピー犬講習会を受け、その後、試験に合格し、昨年からセラピー犬を開始したわけなのですが、そもそもセラピー犬の試験って何だろう?って思う方も多いかと思います。

そこで本日は、セラピー犬になるためのトレーニングと試験内容(この場合はDelta societyの試験)をご紹介!

まず、セラピー犬になるにはハンドラー(我が家の場合はマロ母)が講習会に出席をし、一定時間の授業を受け、講習を終えている必要(最後に筆記試験)があります。そして次のステップがトレーニングとなるわけです。

写真左が、ハンドラーの必要な知識が詰まった本で、右がセラピー犬候補がクリアしなければいけない24の試験の図(一部)です。
Page_2_20130220072354.jpg

この24の試験の前半ですが、以下のようなチェック項目になっています。
Page_3_20130220072355.jpg
<前半の項目>
項目1、ハンドラーの筆記試験
項目2、知らない人に会っても、落ち着いてフレンドリーな態度でいられるか。
項目3、知らない人が触っても大丈夫か。

項目4、知らない人がブラッシングなど、身体のあちこちを触っても大丈夫か。
項目5、きちんと隣を歩くことができるか。
項目6、人込みでも落ち着いてハンドラーの側を歩けるか。
項目7、大きな音やビックリするようなことがあっても、冷静でいられるか。
項目8、おすわりが指示でできるか。
項目9、フセが指示でできるか。


前半の項目は一見とても簡単そうに見えますよね。家庭犬でも楽々パスできそうな気が一瞬するのですが、実は上記で一番難しいのが項目4です。
この”知らない人にあちこち触られる”というのは、実は犬が一番苦手な部分で、よっぽど服従訓練を入れていないと、ダメな部分なんです。

以下は本日のマロのトレーニングです。

久々のトレーニングだと、やっぱりどこか苦手な部分を触られることに慣れないので、上記のような拒絶反応が少し起きてしまいます。歯や肉球のような敏感な部分が一番難しいのです。でも実際に、自閉症の子がマロに触れて来た場合、そんなことは言ってはいられないのです。だからこそ、服従訓練は大事になってきます。

本日のトレーニングでは、コマンドに対する反応は早くなって来たのですが、この”触られることに慣れる”という部分がまだまだ。もうしばらくトレーニングには時間がかかりそうです。
Page_4_20130220072356.jpg

その他の項目は、”セラピー犬の試験問題2”に続きます。

黒柴のランキングに登録しています↓クリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


おまけ:
マロ父からもらったバラが只今、満開になりました!
Page_5_20130220072356.jpg
とても綺麗です。

Topic : 柴犬
Genre : Pet/Animal

Post a comment

Private comment

No title

どれを見ても出来そうにない・・・
まず筆記試験がダメ・・・
マロ母さんとマロ君は本当に頑張ってますね
ちょっとマロ父さんの歯を触るてに反抗しているけどね
まだまだ色々と大変だろうけど、頑張って下さいね
応援してます

マロ君が頑張っているのは私も知っているよ
応援しているからね

No title

>よしえさん
いやはや、マロはここのところ甘やかしたせいで、すこし反抗するように
なってしまいました。こういうのにももっと慣らせないと行けないですね。
私も筆記試験は苦手です。。でも、どうにかこうにかギリギリでなんとか
なりました(^^;)
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ