スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろ、ブレーメンの音楽隊に入隊したい?!

Felixくんとの冬休みー。
日帰りで訪れたのは、ドイツ・ブレーメンです。

こちらはマルクト広場。
Page_1_201401191829228d5.jpg

黒柴二匹がはりきってリポートします♡
Page_2_20140119182923fdd.jpg

ここブレーメンは、なんたって、グリム童話「ブレーメンの音楽隊」の舞台!
だから市庁舎脇にはこんな風に音楽隊の銅像が立っていたりします。
Page_3_201401191837254f4.jpg
下から、ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリの順に積み上がっています。

「ブレーメンの音楽隊」(wiki参照)
かつて働き者だったロバは年を取ってしまい、仕事が出来なくなってしまったので、飼い主から虐待されるようになった。これはかなわんと脱走し、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える。その旅の途中で同じような境遇のイヌ、ネコ、ニワトリに次々に出会い、彼らはロバの提案に賛成し、ブレーメンへと足を進めた。
 ブレーメンへの道のりは遠く、日も暮れてしまったので動物たちは森の中で休憩をする事にした。すると、灯がともる家に気づいたので、その家に近づいてみると、中では泥棒たちがごちそうを食べながら金貨を分けている。ごちそうを食べたい動物たちは、泥棒を追い出すために一計を案じた。窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り、ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴いたのである。泥棒たちはその声に驚き、窓に映った動物たちの影を見て、お化けが出たと叫んで逃げ出して行った。動物たちは家の中に入ってごちそうをたらふく食べる事ができ、腹一杯になると明かりを落として眠りについた。
森に逃げた泥棒たちは、落ち着きを取り戻すと家に帰ろうとした。そして一人が偵察のために真っ暗な家の中に恐る恐る踏み込む。動物たちは家に入ってくる泥棒に襲い掛かった。ロバが蹴とばし、イヌが噛みつき、ネコは引っかき、ニワトリは突っつく。闇の中で散々な目にあって逃げ帰った泥棒は、本当にお化けに襲われたと思って仲間に報告したので、泥棒たちに家を取り戻す事をあきらめて退散してしまった。
動物たちはその家がすっかり気に入り、音楽を奏でながら仲よく暮らした。

色々な解釈ができる物語ですが、現代社会に置き換えると、これはリストラだったり高齢化だったりとしても捉えることができるのではないでしょうか。ロバは年取ったために農作業に役に立たなくなり、イヌも狩りができなくなり、ネコはネズミを取らなくなったために、人間から放逐されます。ニワトリはつぶされて鶏肉になろうとしています・・・。そのために、四つの生き物は、旅に出ることになったのです。ううっ。。。

とりあえず、黒柴二匹は同じ方向へ向いて、像と一緒に写真。
Page_4_20140119183727585.jpg

さてさて、街中を探検してみますか。
Page_1_2014011918372337b.jpg

ドイツの色々な童話の出所ともあって、街には様々な童話のモニュメントがありました。
Page_5_201401191833458dc.jpg

こちらはブタの像。何の童話なのでしょうか。。。
Page_7_20140119183347997.jpg

また、街並も本当におもちゃ箱みたいで、すごく可愛かったです。
Page_3_2014011918334278b.jpg

マロも街並と一枚♡
Page_4_20140119183343b6d.jpg

お店の店頭に置かれる、ドイツ職人さんの芸が光る玩具達。
Page_6_20140119183346aad.jpg

童話から抜け出したような場所に、ちょっとしたロマンを感じたマロ一家だったのでした♡
Page_2_201401191837240e5.jpg

おまけ:
ブレーメン土産に購入した、4匹の動物がマジックテープでくっついている、音楽隊のぬいぐるみ。
Page_5_20140119183728747.jpg
実は購入した当初から、マロに「ボクのおもちゃにちょうだい?」と狙われている代物。

ダメダメダメ!マロはかじってボロボロにしちゃうでしょ?
Page_6_20140119183747670.jpg
これは記念だからダメ!

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

街並みがおもちゃ箱のようですね!
可愛い~~~♪

童話の世界に迷いこんだような街並み、とっても素敵ですねー(*^o^*)
ブレーメンの音楽隊のお話にはそんな深い解釈があったのですねぇ。
ただ動物たちの楽しいお話だと思ってました…(^^;;
像の前のマロくんたち2人は立派な音楽隊の一員に見えます♪

No title

>kayoさん
雰囲気、上手く伝わっているといいのですが。。カワイイ街でしたよ♡

>はるこむしさん
童話の解釈は、なんというか適当にしてみましたので、かなりいい加減ですよ(焦)ともかくマロたちも、この時ばかりは音楽隊の一員の気分を味わったのではないでしょうか☆

No title

以前、「本当は恐いグリム童話」というのを読んだ事がありますが
この「ブレーメンの音楽隊」にも同じ事がいえそうですね
大人になって色んな意味と真実を知ると恐い・・・

No title

>よしえさん
ブレーメンの音楽隊にも、そういった解釈なんかは諸説ありそうですね。ああコワイコワイ。
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。