スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダルシア旅行最終回♪魅惑のアルハンブラ宮殿

さて、マロがオヤツを食べている間に、、、アンダルシア旅行最終回です!
Page_1_20140311074957743.jpg

<毎度毎度長ーい旅行記となってしまい、年がら年中旅をしているように見えてしまっていますが、、、実際は数日間のお話です。。。マロ父もマロ母も、週末の大半はマロと共に自宅警備員(笑)です。マロ母がブログに書くのがただ単に下手なので間延びしています。すみません!>

前回の続きでアルハンブラ宮殿王宮内のご紹介です♡

王宮の中は、ムデハル様式というこの地方独特の建築様式で建てられた建物が連なり、圧巻の緻密な装飾がそこかしこに施されています。
Page_2_20140311074959992.jpg

窓から見える景色もまた美しく。
Page_3_20140311075000305.jpg

こちらがライオンの中庭と呼ばれる場所です。
Page_1_2014031107305468b.jpg

中央には不恰好な12頭のライオンの像が大きな大理石の水盤を支えています。
Page_2_20140311073056a4e.jpg
しか〜し、イスラム芸術では通常、具象は禁止されています。それなのにこの像はライオンの形をしているのはなぜか。

ガイドブックによると、どうやらこのライオンは、グラナダに住むユダヤ人たちがムーア人王の保護を受けている御礼としてアルハンブラ宮殿に献上したものとのこと。具象は排除する芸術でも献上されたものはむげに扱うわけにはいかず、こうしてこの美しい中庭に設置したそうで、この噴水は11世紀に献上されており、この12頭のライオンはイスラエルの12部族を象徴しているという話でもあります。
Page_4_20140311075001ac1.jpg

先ほど書いた通り、イスラム美術は具象を禁止しているため、これらの壁の化粧タイルは模様のようになっております。壁面をびっしりと覆う浮き彫りとアラベスク模様はまるで丹念な彫刻のように見えるのですが、これにもまたちょっとしたトリックが!実はこのタイルは『アスレーホ』と呼ばれる釉薬タイルで、スタッコという細工で、石膏を型に流してさまざまな模様を形どり、焼き石膏板としてつなぎ合わせたものなのです。
Page_5_2014031107500390f.jpg

とどのつまりは、お菓子の落雁を大きく複雑にしたような板を巧みにつなぎ合わせて、まるで細かく彫ったように見せかけているというわけなのです!すごい!!!
Page_6_2014031108091140e.jpg

ちなみにこちらの「二姉妹の間」の天井は鍾乳造りとなっているのですが、その緻密さから「蜂の巣」と呼ばれ世界最高の建築と讃えられています。
Page_3_20140311073057d38.jpg
マロ母もうっとり。。。エセ建築好きとしては血が激しく騒ぐものがココにはありました!!!

ちなみにこれらと比較できるのですが、こちらがアルハンブラ宮殿内に後から増築されたカルロス5世宮殿です。
Page_6_20140310072346d8b.jpg
イスラム建築に不釣合いなローマ建築物は16世紀に造られたものです。そのため、王宮の建築物とはずいぶん異なった形をしており、四角い建物に丸い中庭をもつ、イタリア・ルネサンス様式となっています。

こちらは中庭。水を称えた噴水もまた美しい。
Page_7_2014031108091313e.jpg

王宮を出てから、マロ父と一枚。
Page_8_20140311080914197.jpg
世界遺産云々も吹っ飛ぶレベルの美しい緻密な建築がここにはありました!建物好きなら一生に一度は訪れたい場所であると、マロ母確信しました♡ 最高に美しいものを見ることができて大満足でした♪

ちなみにホテルでのマロさんはこの通り。

おやつのガムに夢中。。。
Page_9_20140311080916915.jpg

どんだけ好きなんでしょ。。。というくらい、大事に大事に食べていたみたいです♡
Page_10_20140311080917bed.jpg

今回はかなり短いアンダルシア旅行となってしまい、コルドバや他の名所は見逃してしまったのですが、また機会があったらぜひぜひ訪れたいと思っています。長々と書きましたが、旅行記に付き合ってくださり、どうもありがとうございました!

次回からはマロの日常に戻ります♡

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい建物ですね
マロ君一家のおかげでまたいい物を見せてもらいました
どうもありがとうございます
ライオンの中庭、確かさくらちゃん一家が行った時には
工事中だったような・・・違ったかな?

No title

ご無沙汰しております〜。
アルハンブラに行かれたのですね〜‼︎マロ君ホテルでお留守番できるなんて、なんていい子なのでしょう‼︎
お天気にも恵まれたようで、綺麗な写真ですね♡
我が家の時は晴れたり曇ったりだった気が。こんな素敵な写真残ってないです(腕の問題もあり?)
はぁ〜、懐かしい綺麗なものが見られていい気分になりました(^^)

No title

>よしえさん
おお、そうなのです。よく覚えておいででしたね。さくらちゃん一家のブログではライオンの中庭は工事中でした。私たちは見ることができました。

>ハルの母さん
お久しぶりです!お元気ですか?アルハンブラ宮殿、実はここにつく直前まで雨が降っていたのですが、運がいい事に着いてからは無事に晴れてくれました!地面がぬれている様子が写真でも分かるかと思います。ともかくとても素敵な場所ですよね♪私たちも行けてとても感動しました☆
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。