スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ記事、その6〜社会に犬が浸透するメリットは?

今日はしつけ記事とはちょっと逸脱しますが、社会に犬が浸透するメリットについてお話したいと思います。

ここ数日の記事を見て、「そんなにしつけやら何やら言わなくても、今の日本のままで十分じゃない?犬と人間が住み分けすることは当たり前だし。犬が公共の場に居ない方が安心できるし、今のままでいいじゃない。」
と思っていらっしゃる方も多いかと思います。

マロ母も海外に住むまでは、「犬の本能は吠えたり咬んだりするものだから、住み分けも大事だよね。」と思っていたんです。

ですが、オランダでの犬と人との共生を見るにつけて、「これはすごい!」と思うようになりました。
Page_1_20140924065002c3d.jpg

オランダでももちろん住み分けはあります。小さい子供用の砂場がある公園の中には犬は立ち入り禁止です。それはやっぱり、砂場を綺麗に保つ必要があるためです。しかし、大きい広い芝生の公園の多くは、犬はノーリードでOKです。それは何故か?

そう、こういう遊びを家族や友達と一緒に犬も混ざって楽しめるから♡
Page_3_201409240650047b5.jpg

男友達同士のフリスビー遊びに、マロいきなり混ざっています。
Page_4_20140924065006d38.jpg

見知らぬ人の間に混ざって、楽しく遊んでいます。
Page_5_20140924065007915.jpg

子供同士のサッカーやソフトボールの最中に犬も混ざっていることも多々あります。
Page_6_201409240650376e9.jpg

実は子供を育てるにおいても、こういった動物との交流は意外にいい効果があったりします。いわゆるアイコンタクトや言語獲得を促すことにつながったり、命の大切さや慈しむことを学んだり、免疫力を鍛えたりできます。オランダでは社会の中に犬の存在が浸透しているため、自宅で犬を飼っていなくても、外で十分こういったことに触れることが可能です。実際に発達障害のお子さんの療育の中に、スポーツをする、動物と交流するといったプログラムもあり、先行研究ではそういった活動がコミュニケーション能力の向上に寄与していることも既に報告されています。

さらにオランダには面白い制度が一つ。
犬を飼っている家庭で、昼間に学校やら仕事やらで家を空けることが多いお家向けに広告が出ていました。それは、、、。

「老人ホーム・施設で、昼間アナタのワンちゃんを無料でお預かり致します。」

オランダでは、高齢で犬を飼えない方が無料で昼間預かって散歩してくれたりするシステムがあったりするのです!高齢者にとって、犬との散歩は運動できるいい機会であるとともに癒しの時間でもあったりします。仕事で忙しく、散歩不足に陥りがちなお家にとっても素晴らしいシステムです!でもこのシステムだって、結局のところ基本的なしつけがきちんとできているワンコが当たり前で、犬が社会に浸透しているからですよね。

黒柴ブログに参加されている方のブログで、最近の記事に「また咬まれました」というお話が載っていました。そういう話を読むたびに、マロ母は本当に哀しくなるのです。

世界には、咬む犬・吠える犬がほとんどいない国が存在し、公共の場においてノーリードでも平気で生活し、犬が社会に浸透して楽しく人間と共生している国が存在するんです。

日本でだってそれは可能かもしれない。でも、それは「しつけができていること」が前提であり、政府が率先して介入してくれない日本では、飼い主の意識の高さに依存するんだろう思うのです。

そんな思いから、マロ母の草の根運動として、このブログにしつけ記事をグダグダと載せています。
Page_2_20140924065003483.jpg
こんなに愛らしく優しく素晴らしい生き物が身近にいるんですもん♪
できるならば一緒に色々な場所に行きたい。他の人とも自由に楽しく交流し、お互いに尊重し合って楽しく暮らして行きたいって思いますよね。

そんな社会を目指して♪
Page_7_2014092406503962d.jpg
個人の力では何もできないマロ母は、マロのしつけに毎日奮闘しながら、草の根運動と称してブログでしつけ記事をしつこく書いているのでした。。。

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。