スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ記事・おまけ2〜犬の性格診断?!

さて、ここ最近何かと話題が行ったり来たりしている「しつけ」のお話ですが、もうこれは色々な議論があるとは思います。

「犬は自然が一番なんだ!厳しいトレーニングは可哀想だ!」とか「いや、咬まないようにするために必要だ!」などなど。。。

そもそもなんでこんなにも議論になるのか?なぜ、トレーニング(教育)が可哀想に見えてしまったりするのか?
マロ母なりに考えたのですが、それはおそらく、「犬の性格に合っていないトレーニングを強要するのを見るのは辛い」ということかと思うのです。

Page_1_20141003060336c59.jpg

人間社会でも、子供に対して、「自然が一番だから、学校なんて行かなくていい!」などと、教育すること自体に反対な親はあまりいないと思います。ただ、小さい頃から塾通いばかりになってしまうとか、遊ぶ時間がないとか、そういう方面での「教育」に関する批判があることも事実です。

犬の教育も同じことかなぁ〜とマロ母思いました。つまり、スパルタ塾(チェーンカラーなどのしつけ)に合わない犬が、その方法で教育されているのをみると、嫌な気持ちになるのかな?と。つまり、人間社会で困ることがない程度の教育で、「犬の性格に合ったしつけ」は誰でもしたいと思っているわけです。

Page_3_20141003060338735.jpg

そこでマロ母、犬の性格とそのしつけ方法をちょっと考えてみました!あくまでマロ母は素人であり、過去にマロ母が会ったことがあるタイプの柴犬限定の記事になってしまいますが、星占いや血液型診断をやるような軽い気持ちで、読んで楽しんでいただけたら幸いです。
(注意:マロ母は犬の行動学専門ではありません。専門はヒトの発達障害、精神疾患に関する研究です。行動心理学に関してはマウスとヒトのみしかフォローできておらず、犬に関してはずぶの素人であります。ここに書いてあることは本当に独断と偏見に満ちておりますことをご理解いただけたらと思います。)

〜素人マロ母の独断と偏見による、勝手な分類〜
「柴犬の性格としつけ方法」6タイプ


1、ドラえもんのジャイアンみたいなタイプの柴犬
威張り屋で言うことを聞かない、ガキ大将、ボスになりたがるタイプの犬です。オス犬に多い気がします。マロは50%がこの性格。おそらく、ワハハくん「黒柴に囲まれて」の小豆くんリッキーくんロサンゼルスに住む麻呂兄さんなどはこの性格を多少持っているかと。

自立心が強く、行動力がある、芯が強くたくましい性格で、ちょっとやそっとのことじゃ全然へこたれません。

しつけをするときは、犬が強気なので、とことん主従関係をわからせてあげることが必要になってきます。詳しくはマロのトレーニングページを参照ください。リーダーウオークの徹底や飼い主の毅然とした態度がすごく大事かと思います。咬み癖や威嚇癖がある場合は、チェーンリードを用いた訓練が一番必要になるタイプな気がします。主人と認めて尊敬さえ得れれば、一気に従う傾向が強いのでそこまでとにかく忍耐強く頑張る必要があると思います。

2、サザエさんのかつおくんみたいなタイプの柴犬
フレンドリーで明るい性格、日々ハイテンションで常に陽気な犬です。好奇心旺盛なので色々匂いを嗅いだり、新しい場所を探索するのが大好きです。 マロは50%がこの性格。おそらく、リッキーくんなどもこの性格を多少持っているかと思います。

しつけをするときは、はしゃぎすぎ・調子に乗り過ぎを抑え、興奮が収まるように指導し、主に待てと伏せを先に覚えさせておく必要がありそうです。自己アピールも得意なので、その時は知らんぷりが必要です。好奇心旺盛でずる賢いため、下手にエネルギーを余らせておくと、家でいたずらをする可能性が多いにあります。常に何かでエネルギーを発散させる必要があると思います。おやつをあげる時も芸を教えたり、パズルを用いて頭を使わせたり、長い散歩やドッグランなどでヘトヘトに疲れさせ(マロが常時行ってますが)、その後にしつけするといいかもしれません。

(写真はカツオ的なことをしているマロです)
Page_2_20141003060337a74.jpg

3、ちびまる子ちゃんの父ヒロシみたいなタイプの柴犬
かなりマイペースな性格です。あまり動じず、堂々としている子が多い気がします。驚いたり、極端に興奮したりしないところがいいところですね。おそらく、「しあわせ日和」の小太郎君よしえさんのお家のセンちゃんマロのロサンゼルス友人のゲンジ君などはこの性格を多少持っているかと。

しつけをする場合は、マイペースすぎるところもあるので、飼い主との主従関係をはっきりさせるところが重要な気がします。本来は一緒に暮らしやすいのもこのタイプです。リーダーウオークの徹底やアイコンタクトができるようになれば、割と飼い主の指示も受け取ってくれやすくなるので、比較的しつけはしやすい気がします。ただ、甘い顔をすると尊敬を失い、言うことを無視するようになるので、こちらもペースを崩してはいけない気がします。このタイプではチェーンカラーなどの方法はそこまで必要ないと思います。むしろ賢いので、何度も何度も飽きるまで反復練習をしてベースを徹底させるのがいいと思います。

4、サザエさんのタエ子さんみたいな柴犬
おっとり誰にでもフレンドリーなタイプ。おそらく「黒柴に囲まれて」のお家のきなこちゃんなどはこの性格を多少持っているかと。

一番しつけがしやすい、穏やかなタイプな気がします。このタイプではチェーンカラーなどの方法は基本的に必要ないと思います。飼い主が常に穏やかで毅然とした態度でいるだけで、空気を読んでくれます。このタイプも周りの雰囲気を読み取り、とても賢いのでそこまでリーダーウオークの徹底は必要ないかもしれません。トレーニングは飼い主も楽しんで反復練習をしてベースを徹底させるのがいいと思います。

(穏やかバージョンのマロ)
Page_4_201410030603407d6.jpg

5、ドラえもんのしずかちゃんみたいな柴犬
優等生だけど、意外と芯が強くて頑固なタイプ。おそらく、「犬の一日」のPちゃんマロのロサンゼルスの友人のユミちゃんなどはこの性格を多少持っているかと。

しつけをする場合は、頑固な面があるので飼い主との主従関係をはっきりさせ、尊敬を勝ち取ることが重要な気がします。可愛いですが甘い言葉の声かけはあまり向かないタイプな気がします。リーダーウオークの徹底やアイコンタクトができるようになれば、 トレーニングは反復練習でコマンドを徹底的に覚えさせることが可能かと思います。このタイプでもチェーンカラーなどの方法はそこまで必要ないと思います。

6、ドラえもんの野比のび太くんみたいな柴犬。
こわがりでシャイ、慎重な性格です。本来おとなしくて慎重なので、トラブルも比較的少ないと思います。守ってあげたくなるぐらい臆病なタイプです。おそらく、マロのドイツの友人、フェリクス君マロのロサンゼルスの彼女のララちゃんなどはこの性格を多少持っているかと。

しつけとしては、慎重な犬なのでストレスがたまりやすいです。恐怖心をかきたてるようなしつけの仕方をしてはダメなので、チェーンリードなどは以ての外です。おやつや褒めること、色々な声かけを上手に使って、良い印象を与えてトレーニングするのが効果的な気がします。リーダーウオークなどを徹底するよりも、飼い主が穏やかで落ち着いた態度で犬を安心させることが必要な気がします。なるべく好きなことを色々させてあげて、たくさん褒めて教えていくのがいい気がします。

どうだったでしょうか?星占い的な性格診断、皆様のワンコはどれかのタイプに当てはまりましたでしょうか?
もちろんこれは素人の意見ですので、あくまで参考程度に遊びで楽しんでもらえたらと思っております。

Page_5_201410030603418d6.jpg

十人十色、十匹十色。それぞれにいい方法を見つけていきたいなと思っています。

長い長い、遊びのおまけ記事でした♪

黒柴のランキングに登録しています↓一日一回のクリックお願いします♪
Please click it↓ for blog ranking up!
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 柴犬
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも、興味深く拝見しています。
特に、ちょっと前にドッグランで起きたことの記事を載せたところだったので、しつけについて、いろいろ考えていたところでした。
去年、我が家に来た末っ子マロ(もうすぐ1歳)は、ハイテンション、ハイパワーでかなり手をやいており、試行錯誤しながら日々過ごしております。

性格診断では、1が30%、2が70%という感じです。
先住犬2頭(9歳と来月8歳)は、ものすごく仲がいいのですが、シニアのふたりは、エネルギーが有り余りハイテンションな末っ子が好きではなく、マロも強気なので、なかなかうまくいかないという現状もあります。

上の子たちにはなかった甘噛みも、マロはもうすぐ1歳になるというのに続いています。 
しつけ教室や犬の幼稚園、本などでも、マズルをつかんで甘噛みはダメだと教えることはいけないと言われていますが、数日前から、それをやっています。
しつけって、人間の子でもそうですが、同じことを言ったりやったりしても、受け取る側の性格や環境で、効果があったり逆効果だったりしますよね。
なので、いろいろ試しても効果がなかった甘噛みを、マズルをつかんでダメだと教えてみようと思います。
(しっかり信頼関係ができていないと、甘噛みはひどくなるとも聞きますが(-_-;))

甘噛み以外のマロについては、2のしつけについて書かれていることと
ほぼ同じことを幼稚園で言われています。
興奮したとき、その気持ちを早く落ち着かせるよう、オスワリ、マテを徹底させ、エネルギーをしっかり発散できるよう、たくさんお散歩したりランで走らせたりするようにと。
しつけって難しいですか、少なくとも周りに迷惑をかけないように育ってほしいと思います。

長々と失礼しました。
これからも、楽しみに拝見させていただきます。

No title

>もっちゃんさま
コメントをどうもありがとうございます。
また三匹の多頭飼いをされていらっしゃるとのこと、本当にスゴいですね。3匹とも性格が違うので、それぞれご苦労されていると思います。

末っ子のマロちゃんはうちの黒柴マロと似た性格のようなのですね。それは、本当に大変かと思います(^^;)

我が家のマロも1歳前までは性格が1が30%、2が70%だったのですが、1歳半あたりに1が50%、2が50%となり、ジャイアン気質が強くでてしまい、チョークチェーンでのしつけを余儀なくされました(涙)。雄犬だったこともあったのかもしれませんが、尊敬を勝ち取るまでの攻防戦がかなり激しかったです。未だにたまにやり合っていますが(^^;)

末っ子のマロちゃんは1歳前のパピーちゃんとのことですので、たくさんの運動後にガムや噛むおもちゃなどをあげて、クタクタにさせてから先住犬2匹と一緒にしてあげるといいのかもしれませんね。でも性格が違う3匹が一緒に住むとなると本当に大変かと思います。時期に落ち着いて来て、先住犬2匹とも仲良くできるようになることを祈っております。

タチの悪いのび太!?

マロ母さん、こんにちは^^

ワハハは子犬の時はのび太で、
だんだんジャイアンになってきたタイプかな?w

ドラえもんの道具を借りて調子に乗ったのび太はジャイアンよりタチが悪い・・みたいな(^_^;)

生後7ヶ月くらいからドッグランに行きだして、
「みんなマウンティングしても怒らないぞ!僕ってもしかして強いんじゃ・・・」って思ってたのかもしれません。

図に乗らしてしまった私のせいでもありますね(´・_・`)

ブリーダーさんから譲ってもらった時は、
「オスにしてはおとなしい」と言われ、事実、その通りだったんですけどね(;^_^A

No title

マロ母さん~♪
リッキーのジャイアンタイプ&カツオくんタイプ・・・
めっちゃあてはまってます^^

ブログタイトルに「元気がいちばん」なんてつけちゃったからか、
本当に元気で明るいだけが取り柄の子です。
場の雰囲気を明るくしてくれるのはいいのですが、
家では本当にジャイアンですから~。
オヤツが無いと言う事きかないし、オヤツを使ってトレーニングをしていると
そのうちイライラして怒り出すし・・・。

ついつい可愛くてリッキー中心になってしまっていて、そんな飼い主の態度を察して
調子に乗ってるのは十分分かってるんですけどね・・・。

日々精進します^^;

No title

>ワハハ君のお父様
「ドラえもんの道具を借りて調子に乗ったのび太」にかなり吹き出してしまいました(爆笑)。小さい頃の性格って意外と変わりますよね。我が家のマロも、最初はジャイアン気質は30%ぐらいでしたもの。1歳過ぎて、本来の気質に落ち着く気もしています。人間でも、小学生までと高校生とでは性格変わったりしますしね(^^;) ホント、目が離せないですよね。。。

No title

>COROTAMAさん
やっぱり当たってましたか?(笑)リッキーに会った時に、「これはマロと似ている性格だなぁ」って思ったんですもん!親戚犬だからでしょうか?やっぱり大江戸小町の力石系血筋にはジャイアン気質が入っているんじゃないでしょうか?小豆くんも力石系でしたし。。。

ジャイアン気質をどう押さえるか、、、難しいですね(>_<)
プロフィール

黒柴マロ

Author:黒柴マロ
名前:マロ(まろ、麻呂)
年齢:7歳
誕生日:2009年5月27日
性別:♂
犬種:柴犬(黒)
出身地:東京(大江戸小町)
血統書名:松の力石号

フェイスブック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。